« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005/02/27

都市を変えるポップカルチャーOTAKU・おたく

NHK教育の新日曜美術館(日曜日AM9-AM10, 再放送PM8-PM10)で今日、「都市を変えるポップカルチャーOTAKU・おたく」という特集をやっていました。

去年9月から11月までイタリア・ベネチアで開催された「第9回ベネチア・ビエンナーレ建築展」の日本館で、OTAKUが世界に紹介されたらしい。しかも大反響で、国内でも急遽、展示することになったそうです。

内容はクソまじめにOTAKUを分析・解説していて面白かった。OTAKUとMANIAとはどう違うのか、とか、「萌え」とは何か、とか・・。更には、大阪万博がOTAKUの原点、とか、OTAKUが秋葉原を変えた、と言うような珍説が展開され、びっくりしながらも、「そういえばそうかもな」と思ったり・・。

それにしてもゲストの人(ベネチア・ビエンナーレの展示コミッショナーだそうな)が「私もOTAKUです」とカミングアウトしていたのは感動的で、失笑しました。

この調子だと、TSUNAMIみたいに、OTAKUも世界共通語として定着しそうですね(^ー^)でもOTAKUが世界中どこに行ってもOTAKUに分類され、OTAKUと呼ばれてしまう世の中って・・、それは明るい未来なのか?(^^;

今ならNHKのこちらに概要が書かれていますが、近々に消えるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/23

Haworthia (品種不明)

hawo-unknown01購入時から札落ちで、品種不明のハオルチア。シンビフォルミス系(Haworthia cymbiformis)?交配種のような気もします。

やや間延びなんでしょうか。端から端まで15cmくらいあります。もうちょっと日を当てると締まるのかもしれません。まあしかし、元気にすくすく育ってるので、これはこれでいいのかな、と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花を付けているハオルチア

hawo-20050223今花を付けているハオルチアをいくつか並べてみました。ハオルチアは葉が特異なのに対し、花は地味で、どれも似たり寄ったり。花茎が長くて花が小さいので、撮影も大変です。

写真では花茎がみんな枠の外に飛び出してしまい、花があまり写ってません(^^;)他にも花を付けているハオはありますが、これではいくつ並べても同じですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/20

今日もスノーシュー

snowshoe01先日と同じ5人で、今度はうっそうと茂る樹林の中を歩いてきました。

ちなみに私のスノーシューはTSL217RANDO。これはこれで気に入っているのですが、角度のある斜面を登るために、もう一つ、MSRが欲しい。

私の周りにはTUBBS履いている人が多いかな。MSR履いている人はいないので、実物見たことがありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/17

今年初のスノーシュー

pasture01今年初のスノーシューに行ってきました。冬季閉鎖されている町営の牧場がありまして、観光に利用できないかというアイデアがありまして、で、下見を兼ねてのスノーシューイング。5人で歩いてきました。

いやあ、別天地でした。至福の時を堪能してまいりました。標高1100mという高地に136haの平原。しかもだ~れもいない。自分達のほかに生き物と言えば、遠くの方にキツネが歩いているのを見かけたくらい。サルやリス、ウサギの足跡もありましたが、姿は見えず。

ポカポカと暖かな陽気。昨日の雨の所為で雪は重かったのですが、あまり気にもなりません。広大な雪原を4kmほど、2時間くらい歩いて昼食。

「ああ、幸せだなあ」と心から思える瞬間て、そういえば最近なかったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/13

グラモン、女神転生

2月3日に買った2本のゲームのレビュー。

// 天才ビットくん グラモンバトル (PS2)

NHK教育の天才ビットくんを知っていますか?金曜日の夕方に放映されている番組ですが、シュール、ポップ、キッチュ、などの言葉が思い浮かぶ独特な世界。笑いも今と微妙にずれていて、新しいのかどうなのか・・。そんな不思議さが好きで欠かさず観ているのですが、グラモンバトルはその番組の中の企画。グラモンはグラディエイター・モンスターの略だそうです。

自分でモンスターをデザインして決闘するというゲームで、決闘のスタイルはジャンケンに近い。
1)魔法は攻撃に勝つ
2)攻撃はバリアに勝つ
3)バリアは魔法に勝つ
と、ここまでは本当にジャンケンなのですが、
4)チャージがある
5)同じ技を連続して使えない
というのがジャンケンと違います。

どんなゲームも突き詰めていけば、ジャンケン(正確には乱数)に帰結するので、ある意味究極のゲームと言えなくもありません。ゲームがシンプルな分、操作が簡単なので、時々ふと思い出してプレイしても大丈夫。操作を忘れていることがありません。

自分の描いた絵が、3Dのモンスターになるというのが面白い。コントローラーで絵を描くのは馴れが必要ですが、けっこう細かいものが描けます。ただ機能面で不満もあります。
a)パーツのコピー(と反転、つまり鏡面コピー)
b)パーツの削除
最低この2つはできて欲しかった。

右側に、腕や羽を書いたら、左側をシンメトリーに書きたいのですが、鏡面コピーがないので、それが大変。要するに厳密に左右対称な絵は描けません。また、UNDOとREDOはあるのですが、削除がないので、5つ前に描いたパーツを書き直すとなると、それ以降に描いてきた5つのパーツ全てを書き直さなくてはなりません。

また、欲を言えば、
c)もっと筆や部品を増やして欲しい。円錐とか面とか線とか描けるようにして。
d)グリッド設定できるようにして欲しい。
e)ロードがすごく遅いので、もっとスピードアップして欲しい。

でも、まあ、面白いゲームです。中古で1,200円だったし。満足。それにしてもビットエンジンで登場するモンスターは、明らかに他のソフト使って描いてます=3

// 真・女神転生III NOCTURNE (PS2)

近くに女神転生フリークな女性がいてよく薦められるのですが、どうもあの絵は守備範囲外な気がして、手をつけずにいました。ベストで出たので、試しに購入。

よくできたRPGだと思います。最近どうもターン制バトルに飽き気味なんですが、このゲームのはグラフィックが美しくかつ速く、操作性もよいのでストレスになりません。

でもdiabloやbuldur's gateなどのアクションRPGに比べて、通常時(ダンジョンフィールド)と戦闘時(バトル)に断絶を感じるのは確かで、敵が突然現れるのも、よく考えれば不自然。加えて女神転生にはダンジョン間を移動する際のマップフィールドがあり、キャラが青い点になってしまうのは、ややしらけます。

SF、オカルト、少女漫画、この3つの言葉にピンと来たらハマれるかも?

私はやはり守備範囲外というか、イマイチ感情移入できないのですが、悪魔合体システムが面白いのでやってます。一度クリアするまでは飽きずにやれそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/12

温室のヒーターが・・

先日植物の水遣りをしたときに、うっかり温室のヒーターのスイッチを切ってしまい、2晩ほど無加温のまま置いてしまった・・orz

今朝気付いた時には既に遅く、広範に重度の寒冷障害が出てました。温室に入れてあった5~60鉢の内、半分くらいは逝ってしまってる感じ(TT

温室に入れてあったのは私が育てている植物全体の1/4くらいですが、私が持ってるアロエの大半とランの半分くらいはもうダメかも・・。

もう、しばらく立ち直れないッス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/09

Salomon Course Spaceframe

ski03サロモンのコース・スペースフレームを履いてみました。

もうね、あんまり柔らかいのでびっくり。今まで履いてきた中で一番柔らかい。ヒザがすごく前に出るので、どれくらい前に出していいのかよく分からくて、おっかなびっくり滑ってます。今まではレース用の硬いのばっか履いていたので戸惑いました。スネが痛くなるほど前に押しても、今まではヒザがあまり前に出なかったので。

柔らかいので、コブ滑っていてもヒザから滑ることができるのはとても楽。カービングしていても内足を折り畳みやすいのはいいのですが、スピードが出てくるとやや不安です。このあたり馴れでしょうか・・。

フィット感はとてもいいですね。特に下から2番目の赤いバックルが秀逸。位置を調整できるので、甲の低い私の足にもぴったりフィット。スキーが軽く感じられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/03

ブーツとポールを購入

boots-poles01ブーツは5年ほどテクニカJ1を履いているのですが、そろそろ加水分解するんじゃないかと、怯えながら滑ってるのも精神衛生によくないので購入。

その前もテクニカJ1を履いていたのですが、キッカーで飛んで着地した時に割れてずっこけました。買って2年目、数回履いただけで分解(T_T)その時は1万円払ってシェルだけ交換ということになりました。なのでインナーは通算7年くらい使ってることになります。

今度もテクニカにしようかと思ったのですが、シェル(のソール)が短くなりすぎていて、バインディングの調整可能域ギリギリくらい。去年買った板に穴を開けなおすのもヤなので断念。サロモンのCourse Spaceframe JPNにしました。

私の周りでは今年はサロモン買った人が多いです。「サロモンに変えたら滑りも変わった」と言う人までいるんですが、本当か?(^^;

ともあれ、このブーツでの初滑りは来週になりそう。

--

ポールは昨シーズン、暴走ボーダーに背後から体当たりされ、へし折られましたorz

私の被害はそれだけだったのですが、そのボーダーはボードがトップのあたりで真っ二つに割れ、顔半分をすりむいて出血・・。

その後は知人からお古のポールをもらって滑っていたのですが、可変長のポールが便利そうなので買ってみました。周りの可変長ポールユーザーに聞くと、一度設定したら後はまったく変えないので無意味だとか。でもコブ行く時などに短くできると便利そうなんだけどな。オガサカのLC-SVです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »