« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005/04/30

ハオルチアとガステリアの日照

暖かくなってきたので、2週間ほどハオルチアやガステリアを外に出していたら、一部葉焼けしてきました。もちろん軒下で、直射日光の当たらないところに置いたのですが・・。3~40%程度の遮光だと思います。

昨日から焼けたものと変わらないものを選別。個別に日照を調整しています。

ハオルチアの日照の調整ってむずかしいですね。不足すると間延びするし、多すぎると焼けるし。ウチでは、窓の内側だと間延び、窓の外だと葉焼け、ちょうど良い日照の場所がない感じです。

似たもの同士並べてもうまく行きません。例えば宝草錦が大丈夫でも隣で京華錦は焼けたり。それどころか同種同名でも出所が違うと差が出たりします。同じ小型レツーサというラベルが付いていても、同じ日照で焼けたり焼けなかったり。どちらの小型レツーサも半年以上ウチにいるので、環境の急変が原因とも考えにくいのです。

ガステリアも同様に悩ましい。緑色のピランシーが焼けたのに、ほとんど葉緑素がない颯颯の松や美鈴の富士などが隣で涼しそうにしています。

日照の外に間延びの原因として、水遣りや肥料も考えられるかもしれません。私の場合、水遣りに問題はないと思うのですが、肥料は全く施さない方がいいのかな?

日照に関してはハオもガスも許容範囲が凄く狭い感じがします。しかも日照によって強いダメージを受けると、なかなか回復しなかったり、更新に時間がかかったり・・。多少間延び気味でも元気に育ってくれる方がいいのかもしれないな、とやや諦め気味なこのごろ。

なにしろ寒いところでは、成長が始まる3月ころに十分な日照を確保できないのが残念、なのかも?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/04/29

臥牛錦(酒井氏人形)

gas-gagyuu02
【散財其ノ弐】ガステリアです。臥牛(Gasteria armstrongii)の錦。酒井という方が作出、人形をいう銘を付けたんですね。

今回最高の買い物・・(-ι-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lophophora diffusa

cac-lopho-diffusa02
【散財其ノ壱】昨日サボテン園で買ったものの一つ。

またディフューサ買っちまいました。山盛りで端から端まで20cm弱あります。パンパンなので、これから植え替え。分けずにこのまま大きくしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/28

サボテン園見学

某サボテン園に行って散財してきました(´・ω・`)

購入した株は後日紹介するとして、今日はそのサボテン園の様子を紹介します。

cac-farm01■アロエ。発見されたばかりの新種で名前も付いていないらしい。高くて買えませ~ん。せめて写真を、と思って撮った写真は手ブレ(TT

よりによってこの写真がブレるとはな。レタッチできる限度を超えてるorz

《5/6差し替えました》
cac-farm02■全部ほすぃ( θ_Jθ)

ちなみに今日買ったロホは4鉢。
cac-farm03■ゴジラ大盛。

サッカーボール並みの大きさでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/27

デカパイ

cac-lopho-dekapai01
オッパイというのもあるんですが、これはオッパイより大きいのでデカパイ。と言っても、疣(イボ)の話ですが。これから大きくなってくるんでしょう。

ん~、美しい・・( ̄ェ ̄)

これもロホホラ属ディフューサ(Lophophora diffusa)ですが、下の毛の生えたのとはちょっと違いますね。でも多毛のオッパイを見たことがあるので、デカパイでも多毛があるのかもしれません。

私が名付けたわけではありません、念のため。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/26

サボテンも少しあります

サボテン科植物(Cactaceae)も少しあります。数えてみたら約60鉢。ただ私の場合、植え替えるときに痛いのはイヤ!なので、痛くないの中心に集めてます┐(´ー`)┌

棘が長いとか太いとかより、ないのがヨイ。さらに濃緑肌に惹かれるので、白いのとか、錦とかにもさほど興味ありません。

おかげでずいぶんと安上がりでしょぼいコレクションになってます。

cac-astro-asterias01
アストロフィツム属アステリアス(Astrophytum asterias)というより、兜とか兜丸と言ったほうが通じます。兜と言えば白い点が多く、全体に白く見えるものですが、これは青いのでルリ兜。棘座が大きなものほどエライのですが、これはフツー。

cac-lopho-diffusa01
ロホホラ属。札落ちですがディフューサ(Lophophora diffusa)かな?デフューサと書く人もいます。和名翠冠玉。

ロホ大好き。ロホホラ属にはあまり種類がないのですが、つい買ってしまい、ボーズ頭を並べてうっとりしてます。ウチにあるサボの半分がロホ(*^ー^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/25

FZ5、COOLPIX5600フラッシュ比較

PanasonicのFZ5とNikonのCOOLPIX5600をしばらく使ってみましたが、双方ともフラッシュに少々癖がある感じなので、比較してみたいと思います。

ただし、どちらも良いカメラだと思います。被写体と明るさと距離と使い方さえ理解して撮影すれば・・。

fz5ts06まずFZ5。レンズがでかくて影が落ちます。フラッシュを焚いてマクロ撮影すると、7~8cmの距離までダメ。レンズフードアダプタを装着した状態では7~80cm離れても影が落ちます。説明書にも書いてありますが、レンズフードまで装着するとフラッシュは焚けません。最初のうちはレンズの保護になるかと思いアダプタだけ着けていましたが、7~80cmというのは普通に撮影していてもうっかり近づく距離。結局外しました。

また、フラッシュを焚いた時だけではなく、太陽を背負った時にも影が落ちることがあります。植物は日の当たる方向に向かって葉や茎を伸ばし、花を咲かせるもの。花を正面から撮ろうとすると、太陽を背負う格好になることが多いのです。野山で花を接写する際にも注意が必要です。

coolpix5600ts02NikonのCOOLPIX5600は光の届く範囲が狭いのがまず1点。写真は美術館で撮影したもので、被写体までの距離はせいぜい1m50cmくらいだと思います。暖色の光の中、ホワイトバランス自動でフラッシュを焚いて撮影したら、真っ青になりました。ホワイトバランス調整すればこの距離でも撮れるのですが、今まで使ってきた他のカメラに比べ、ちょっとフラッシュが弱い感じがします。

フラッシュを焚くと、撮影前に1~2秒、撮影後に7~8秒かかるのが2点目。待ってて「長いな~」と思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Aloe variegata '千代田錦'

aloe-variegata01千代田錦。比較的流通しているアロエなので、時々見かけますね。これでも花茎が短いところで止まってくれたので、花も葉も入れて全体を撮ることができました。

冬に寒さに当ててしまい、20種類くらいあったアロエの大半を凍死させてしまいましたが、この千代田錦の外、数株は生き残ったようです。でもその外は容姿がかなり崩れてしまい、回復まで時間がかかりそう(TT

図らずも千代田錦は寒さに強いということが実証されました。木立アロエ(斑入り)でさえ逝ったのに・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/24

ガステリアのカキ仔

外は桜が満開。今日が一番の見ごろでしょう。私は外出といえば、カメラを持って犬の散歩に出かけただけ。後は家で園芸をしてました。

この時期、園芸やる人には忙しい季節です。なのに昨日も山歩き。思えば今週(正確に言うと先週?)は、3日も山に行ってました。

uekae02
今日は天気もよく、いろんな作業ができましたが、ガステリアのカキ仔もしました。手前は子宝、後ろは臥牛。以前から一部の多肉はミズゴケでもイケるのではないかと思ってましたが、どうなんでしょ。しばらく様子を見てみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/23

普段の寝姿

hina01ウチのロンチー(♀)。いつもの寝姿(*^^*)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/04/21

cocologの直して欲しい点

1)カレンダー

当月だけでなく、バックナンバーのカレンダーも表示できるようにして欲しい。

2)テンプレート

同じ3列でも、テンプレートによって、各列の幅が違うので、変えるのがリスク。コメントのテキストボックスがテンプレートによっては切れたりするし。テンプレートの幅(特に真ん中の列の内径、文字が折り返す幅)を統一して欲しいです。あと、標準テンプレートの英語フォントが見難い。日本語フォントと同じで良いのでは?

3)容量不足

容量増やして欲しい。有料にしても容量的にあまりメリットがないし、かといってこの調子で毎日書いていくと1年持ちません・・orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見かけた有毒植物

隣町で自然歩道ガイドを養成するための、第1回目の研修があって、同行。自然歩道と聞くと整備された平らかな道を連想しますが、山登りでした。3時間の予定が5時間半もかかり、昼飯も抜き(T_T

そもそも今は芽吹きの時期。成長した葉がないので、同定は難。なかなか上級者ムキな研修会だったかも。

kikeman01ミヤマキケマン。ケシ科キケマン属。手折った時の汁液を口にするのはもちろん、匂いを嗅いでも嘔吐することがあるそうです。

一緒にいた60代の男性から聞いた話。その人が子供のころはアメフリバナと呼ばれ、遠足の時など、雨が降るから手折ってはいけないと教わったそうな。

子供を有毒植物から遠ざけるための方便か。

hasiridokoro01ハシリドコロ。ナス科ハシリドコロ属。食べて中毒を起こすと走り回って苦しむところから「ハシリ」、地下茎がオニドコロに似ることから「トコロ」、合わせて「ハシリドコロ」となったそうです。

数年前老夫婦がこれを採っているのを見かけました。聞けば食すのだとか。もちろん止めましたが・・。成長したハシリドコロって一体何に似ているんでしょう。

山菜もキノコも命を懸けて食べるほどのものではありません。自信がないときは止めるのが吉。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/04/20

ネコに怯える日々

maro04
近所にネコを7匹飼ってる人がいます。首輪は付けているものの放し飼いで、ほとんど野良猫。そのうちの1匹がチワワに襲いかかってくるんです。

1ヶ月ほど前の朝、2匹のチワワを連れて散歩をしていたら、5mほど前にそのネコが・・。

毛を逆立てて背中を丸め、うなり声を出して威嚇している。でも、こちらは人が犬を連れているので、まさか近づいて来たりはしないだろうと油断していたら、突然、襲い掛かってきました。私の足元を走り過ぎ、私の後ろにいたチワワを引掻こうとした瞬間、チワワが身をかわしたので、難を逃れました。以降、散歩するときはネコに気をつけるようにしています。

そして3日前の朝。ウチでは2階にケージを置いて、2匹のチワワを飼っているのですが、2階のベランダにそのネコが・・。

開けていたベランダの窓に気配を感じ、ふと見たら、そのネコ。窓からチワワのケージを覗き込み、肩を落とし、飛びかかろうとしています。慌てて追い払ったのですが、まさか2階の室内にまで入ってくるとは思いませんでした。

ベランダをネコが入れないように改造しようかとも考えているのですが、よく考えれば、よその家のネコのために出費するのも割り切れない話です。

そもそも、よその家のネコが私の家に侵入して犬に危害を与えた時、その家では責任を負えるのか?また、私の家に侵入したネコに私が危害を与えた場合、その家では責任を問えるのか?いろんな人に相談してみようと思うのですが、しばらくはネコに怯える日々が続きそう。

写真は生後2ヶ月くらい。ウチに来て2日目、2001年4月30日のことです。今はもう大人。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨の中のバイカオウレン

冷たい雨の中、山の中を歩いてきました。別に酔狂ではなく、オオヤマレンゲの植林が目的。

この辺りではオオヤマレンゲが数を減らしています。そのため山から採ってきた種を育て、また山に持って行って植林しているのですが、今まで200本近く植えてほぼ全滅。実生から5~6年の高さ1m弱の苗では、カモシカの食害に遭ってしまうのです。

ちなみに園芸種のオオヤマレンゲは、山に植えると交雑するので不可。

最近は囲いを覆ったり、12年ほど育てた高さ160~180cmくらいの苗を植えています。雨は人間には辛かったのですが、オオヤマレンゲにとっては根付きやすくて良かっただろうと思います。

オオヤマレンゲは初夏の花でしばらく先ですが、残雪が点々とある早春の山中に咲く、バイカオウレンの花を撮ってきました。カメラはcoolpix5600。暗い山中で三脚もなく、手ぶれを止められず大変でした。

baikaouren01
バイカオウレン。キンポウゲ科オウレン属にオウレン(黄蓮)があり、根茎は漢方薬としても知られます。同じオウレン属で、梅に似た花を咲かせるものがバイカオウレン(梅花黄蓮)。地上2~3cmに咲く小さな花で、群生するととても美しい。

baikaouren02
別の花をフラッシュを焚いて撮ってみました。花の下に輪生する5枚の葉はバイカオウレンのもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/19

Pleione formosana cv.

pln-rokkou01
タイリントキソウの人工交配種‘六甲’です。日本のトキソウは学名をPogonia japonicaと言い、別属。

最初は3球から始めた六甲も、大分増えました。ちょっと数えても2~30芽が吹いている感じですが、もっと群生させたい(^_^

小ナスの漬物のようなバルブを持ち、多肉方面の人にも馴染みやすいランかも知れません。冬は完全休眠させるので、管理も楽。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Den. kingianum

den-kingianum01
一般にデンドロビウム(デンドロビューム)と言えばノビル系のことで、このグループはバルブから直接花を咲かせるのが特徴。花茎を伸ばしません。育てるのは楽ですが、たくさんの花を同時に咲かせようと思うと、けっこう大変。2年目以降、なかなか買った時と同じ様に咲いてくれません。花持ちがやや悪いのも難。

その他によく目にするデンドロビウムに、デンファレがあります。こちらはお店で見かけるランの中でも特に高温性で、温度、湿度、日照を管理する設備がないと越冬できません。つまり本格的な温室が必要で、寒い地域で育てるにはけっこうランニングコストもかかります。

写真のランもデンドロビウムですが、こちらはキンギアヌム(キンギアナム)系。キンギアヌムの原種です。花の大きさは2cm程度とやや小粒ですが、暑さ寒さに強く、花付きもよく、花持ちもよいのでオススメ。大株になって置き場所に困る、という欠点はありますが・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/18

FZ5ぶら下げて散歩

fz5ts04
FZ5を首に引っ掛けて、家の周りを歩いてきました。丁度梅の花が満開で、梅の匂いの漂う中を小1時間ほど。ただ春霞がかかって、空は白っぽく、遠くの方もぼんやり。気分は良かったのですが、あまり写真を撮るには向かない日だったかもしれません。

fz5ts02このデジカメ、やはり外に持って出ると楽しいですね。小さくて軽くて、光学12倍ズームの威力も実感しました。

とりあえず今日は全部プログラムモードで撮影してみました。露出補正は使いましたけど。
fz5ts05ソメイヨシノはこの辺りではまだ蕾。サクラではなく、コブシ。でもなく、タムシバです。

タムシバはコブシと同じくモクレン科モクレン属。コブシに酷似しています。私の周りでもコブシだと思っている人は多いのですが、この辺りでコブシと言えば、実は人為的に植えられたものばかり。野山で目にするのはほとんど(というか、ほぼ100%)タムシバです。

確実に見分けられるポイントは、花の下に葉っぱ(托葉)が一枚付いているかどうかのみ。托葉があればコブシ、なければタムシバです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黄花クンシラン

せっかく買ったので、しばらくはFZ5使ってみようと思います。黄花クンシラン撮ってみましたが、少し慣れてきたので、だいたいイメージどおりの画が撮れました。でも、いろんなことができないのはつまんない。

数ヶ月以内にC-7070買っちゃいそうな予感・・。というか昨晩すでにカタログやレビューを探してネット徘徊してましたσ(^◇^;;

そもそも私のようにいろんなことに手を出す人は、カメラ1台で全部、というわけにも行かないのかもしれません。

E-300も魅力ですが、レンズセットのレンズが光学3倍ズーム相当にしては随分暗い。あとマニュアル露出の際、絞りやシャッタースピード変えるのが面倒らしいですね。これだけは十字キー一押しで変えられるようにして欲しい。この点C-3000は機能的にできてます。

C-3000は2L以上でプリントした時のノイズが問題。限界を感じるのはそれだけです。スピードも遅いのですが、静物撮る分には関係ないし。

clivia-kibana02
クンシラン(Clivia miniata)の黄花も最近ようやく値段が下がってきました。ちょっと前までは本当に高嶺の花。緑花とかピンク花とかは未だに高価ですが。

clivia-kibana01
こちらは花弁が長く、ラッパのように反り返るタイプ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/17

ハオルチア ‘雲翠’

試しにOLYMPUS C-3000とPanasonic FZ5で雲翠を撮ってみました。因みに雲翠はハオルチア属の交配種。シンビフォルミス系?かもしれませんが、よく分かりません。しかもこの撮影の後、雲翠を倒して葉っぱに傷をつけてしまった(T∀T)
haw-unsui01-c3000
こちらはC-3000。もう使い慣れているので、いつもどおり。

haw-unsui02-fz5
こちらはFZ5。マニュアル露出を優先すると、もうこれ以上寄れません( ̄▽ ̄:)

あと、マニュアル露出でも、いちいち[EXPOSURE]ボタン押さなきゃいけないというのはちょっと煩わしい。そして、このわざとらしい緑色はどーゆーコトなの!?

haw-unsui03-fz5
気を取り直してマクロで撮影。とりあえず露出補正はできます。

今度はホワイトバランスを手動でセット、スポット測光、スポットAFに設定。被写界深度がおまかせなので、植物のように凹凸の激しい被写体は、近づきすぎるとよろしくないですね。オートブランケット±2/3で撮影し、+2/3の写真を採用しました。

色はC-3000に比べると随分と派手だなあ。C-3000の方が実物に近いとは思いますが、まあこれも馴れ、なんでしょうか・・。

今までのように露出を絞ったり超アンダーにしたりして、マクロ撮影はできないということなんですね。まあいいか・・。いやだめか・・。やっぱC-7070買おうかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Panasonic FZ5 購入2日目

fz5ダイヤルにマニュアル露出とマクロが並んでいるってことは、マクロでマニュアル露出できないってことかァ!?と慌てて撮影してみましたが、やっぱりできなかった・・。最悪だ・・or2

購入2日目にしてようやく気がつきました。あああ・・、なんかかなり致命的にダメかもしれない(TT

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/16

Panasonic LUMIX DMC-FZ5

fz5d
買っちまいました。パナソニックのFZ5(^^)/

FZ5が出てから2ヶ月近く。その間、自社製品同士で競合しあうナゾのラインナップの所為で、FZ20とどっちにしようか迷い続けました。

大雑把に特徴を言えば、FZ5は小型軽量で速い、FZ20はレンズが明るくMF搭載、ということだと思います。

正直言ってウチで植物撮る分にはFZ20の方がいいんでしょうが、キビキビしたFZ5を手に取った後に感じるFZ20のマッタリ感がちょっと不満。FZ20のデジイチ並のでかさについては私はあまり気になりませんが・・。むしろ、FZ20の方が持ちやすい気もします。

多分夏ごろにFZ5並のスピードを持った7~800万画素クラスのFZ30が出るのではないかと勝手に予想。2ヶ月近く初期ロット不良の噂も聞こえてこないFZ5は今が旬かと思い、購入を決めました。

ま、客観的に考えてトータルバランスの高さはFZ20よりFZ5でしょうね。スペックも凄いし価格も安いし、現時点で最強のコンデジかと思います。

植物を撮る、という一点に絞って考えると、FZ20の外にOLYMPUSのC-5060やC-7070も魅力。もともとC-3000をずっと使い続けてきて、OLYMPUSの画はとても好きなのです。でもちょっと性能に比して価格が高いような気がします。あとOLYMPUSは遅いというイメージもあります。確認のため何件かショップを回ってみたのですが、C-5060もC-7070も置いてなかったので候補から外しました。

しばらくFZ5使ってみて、パナの画が気に入ったらFZ30を、やっぱOLYMPUSだな、と思ったらC-7070を買おうかと思ってます。でもバッテリーやメディアがFZ5と共用できるなら、やっぱFZ30かな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日の園芸

uekae01
いっぺんにやる時間もないので、毎日少しづつ植え替えてます。今日は今までのところこの3鉢。

<ラン科セロジネ属ユニフローラ(手前)>

匍匐しながら横に広がっていくラン。当初は2.5号鉢にミズゴケで植えられていたので、それを踏襲してミズゴケで鉢増ししてきました。が、広がりすぎてミズゴケで植えにくくなったので、思い切って交換。バーク:6、軽石:4で植えてみました。

ミズゴケの芯とランの根が酷似していて、しかも複雑に絡んでいるので、ミズゴケを取り去るのに悪戦苦闘。新芽を折ったり、根を切ったり・・orz

1時間くらいかけてようやく終わりましたが、けっこうダメージを与えた予感。無事立ち直ってください(ー人ー)

<ラン科マスデバリア属種小名不詳(奥左)>

夏から初冬にかけて、常時10輪近い花を咲かせてくれていたのですが、最近根詰まりして成績が悪くなってきたので鉢増し。

<ユリ科レデボウリア属ソーシャリス(奥右)>

旧名はシラー属ビオラセア。これもかなりな勢いで成長してます。葉や茎が意外にもろく、ちょっと触っただけでポキッと折れるので、気を使います。

--

とblogを更新しているその横で、ウチョウランの芽を犬に喰われた(TT

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/15

Nikon coolpix5600 その2

1カ月使ってみての感想を少し。

< すごく良い所: 小型軽量で5.1メガピクセル >

これに尽きます。4月5日の登山にもcoolpix5600を持って行ったのですが、とても便利でした。明るい屋外なら画質にも問題はないです。ただニコン独特の色味をどう感じるかは人それぞれだと思いますが。

< 良い所: バッテリーが長時間 >

単3NiMH min.2230mAh 2本を使用。1回の充電で、けっこう長い時間使えました。

< ちょっと良い所: 動画 >

DVカメラに比べればかなり画質は落ちますが、スキーやスノーボードのフォームのチェック等には意外に重宝しました。ただ、しっかり構えないと手ブレします。自分が滑り降りて、すぐにカメラを構え、肩で息をしながら他の人を撮る、なんてシチュエーションでは、手持ちだとブレを止められない感じでした。

< ちょっと悪いところ: レンズ >

やはり小さくて暗いので、室内暗所はちょっと苦手カモ。

< 悪いところ: 機能 >

シャッタースピードや露出を設定できず、露出補正も手間がかかります。その代わりシーンモードを満載。

< すごく悪いところ: フラッシュ >

フラッシュの光の到達距離がとても短く感じられます。手の届く範囲から、せいぜい+30~50cmくらいでないかと。そして光の届く限界あたりでは、ホワイトバランスをAUTOにしておくと誤認し、真っ青な画を撮ったりします。また、フラッシュを焚くと前後にけっこうな時間がかかります。だいたい1枚8~9秒くらい。

レンズの弱さと相まって、室内暗所での使用にはけっこうつらい場面もありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/14

Haworthia planifolia (?)

haw-planifolia01
ガステリアばっかだと地味なので、ハオルチアもUPしてみよう。でも、ウチのはハオも地味なんだな・・or2

札にはハオルチア・ロックウッディー(Haworthia lockwoodii)と書かれていましたが、違うような気がする。多分ハオルチア・プラニフォリアだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/13

Gasteria pillansii (?)

gas-pillansii01
札落ちだったのでよく分からないのですが、ピランシー、なんでしょうか?非常に元気で、よく葉も伸ばし、子も吹きます。一部に錦も出ています。

それにしても、こうしてガステリアを連続してUPしてみると、やはり地味だなΣ( ̄▽ ̄;) 渋渋。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/12

寄せ植えにしてみました

gas-yoseue01
ガステリアを寄せ植えにしてみたら、なんかめでたい感じ(^^

手前、真ん中が銀紗子宝。両脇が静鼓。静鼓はハオルチア属。ちょっと間延びしちゃいました。

後ろは子宝が2つ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Gasteria baylissiana

gas-baylissiana01
ガステリア・バイリシアーナ。花が咲きそうなので全体の写真を撮って見たのですが、ピントが合わない・・orz
こんなときデジカメにMFが付いていると便利ですね、やはり。

仕方がないので花茎の先の方だけ別に撮ってみました。
gas-baylissiana02
ガステリアという属名はギリシャ語で、「胃」を意味する「gaster(ガステル)」に由来するんだそうです。そういえばガスター10という胃薬もありますね。

確かに言われてみれば、胃袋みたいな花かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/11

臥牛

gas-gagyuu01
ユリ科ガステリア属アームストロンギー(Liliaceae gasteria armstrongii)、臥牛と呼ばれています。戦前型があるくらいなので、第2次世界大戦前に日本に将来されていたのでしょうか。一口に臥牛と言っても、多くの銘品が作出されています。

まあしかし、牛が臥している姿というよりは、牛タンを連想しますね(^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士子宝(だと思ふ)

gas-fuji01
ユリ科ガステリア属、子宝(Liliaceae gasteria gracilis var. minima)の交配種?

子宝という札が刺さっていたのですが、ただの子宝にはこのような白斑が入らないので、富士子宝かな?と思っています。

ほとんど白くて、あまり葉緑素もないみたいなんですが、なぜか成長は早い。どんどん葉を広げていくので、1年もすると根が持ち上がって倒れてきます。しばらくしたらまた植えなおさないと・・。

追記: プロの方に見てもらったら、富士子宝ではなく桜富士とのことでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/10

普通のクンシラン

clivia-miniata01
普通のクンシラン。この株が今年一番半球形に近かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/09

バルダーズゲート・ダークアライアンス2

やってみました。Buldar's Gate Dark Alliance II。

バーバリアンのドーンでnormalクリアして、今はネクロマンサーのイスランでhardやってます。現時点での感想を少し。

/******************************************
未完成
******************************************/
バグがあります。特にすごかったのはバラゴスというドラゴンのアジト。凄まじいノイズで、スピーカー壊れそうなので音量絞ってやりました。当然、効果音やBGMも聴こえません。

そして・・、ノイズに混じって男の声が聞こえる((((;゚Д゚)))

英語で小さな声でささやいているので、ナニ行ってるか分かりませんでしたが、このゲームでこれが一番怖かった・・orz

ちなみにキャラを入れ替えてみても変わりませんでした。

その他のバグについては公式サイトで公表されていますが、当初は公式サイト自体完成度が低かった・・orz

あと、日本語化も不完全。誤字があるし、生硬だし。

PC版と違ってパッチも当てられないし、いくらなんでももう少し完成度上げないと、やっててしらけます。

/******************************************
ゲームバランスが悪い
******************************************/
normalは易し過ぎました。敵が弱すぎて、スキルにも武器や防具にもこだわる必要がなく、歩いていてもスリルも緊張感もありません。

特に、防御力とガードの関係について、もっと練るべきだったと思います。ガードすれば全方向からの物理攻撃をゼロに軽減できるので、ちゃんとガードできるなら、防御力はあまり意味がないように思います。

level1のイスランでhard始めた当初は楯を持てず、連続ガードもできなかったので、緊張しました。「1」のnormalと「2」のhardで同じくらいかも。でも「2」ではガードが無敵だからなあ。

ちなみに前作では、ガードは前方のみ、ガード不能攻撃や、一撃でHPの半分くらいを奪う敵もいました。

/******************************************
アイテム探す楽しみがなくなった
******************************************/
「2」ではアイテムを拾ってきたら、鍛冶屋で宝石をくっつけて改造、アイテムに魔法の力を宿すというシステムが採用されました。

宝石は金さえあればお店で買えます。ベースとなるアイテムはリング、アミュレットはファインがベスト。武器防具はフローレスがベストなのですが、ファイン以上であれば、リマーカブル、スペリア、グランド、インペリアル、何でも付きます。

どんなアイテムが最強なのか容易に想像がつく上、アイテムがあれば、あとは金さえ積めば作れるというのは、なんだかなあ。

そもそも、normalでは敵が弱すぎて、アイテムもスキルも適当でOK。

/******************************************
ルール違反
******************************************/
通常マップには、入口に黄色の矢印が表示されるのですが、されない入口もあります。

樽を全部破壊してしまうと入ることのできない部屋があります。

なんか、いやらしい仕組みだと思います。

/******************************************
雰囲気の変化
******************************************/
PC版や前作と比べて、なんだかテイストが変わりました。よりグロさが増して、diabloっぽくなったみたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/08

Cymbidium 'Marriage Ring'

cym-marriagering01夕方ホムセンの園芸コーナーを眺めていたら、レジの横にこんなものが・・。2,980円の値札の上に300円の値札が貼られていたので、「これ300円なの?」と聞いたら、店の人が「もう100円でもいいですよ」というので、思わず購入。

ああ、またでかいランを買っちまった(TT

新しい葉芽が既に4本も立っていて、とても調子はよさそう。来春も期待できます!なのに花が終わっただけで100円とは哀れな・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Cymbidium Half Moon 'Wanderland'

cym-halfmoon01
シンビジウムの園芸種です。数年前に葉っぱだけになって園芸店の片隅に置かれていたものを廉価で購入。爾来春になるとたくさんの花を付けてくれます。

なにしろ見切り品はどんな花を咲かせるのか分からないので、咲くまでがドキドキというかワクワクというか、特別な楽しみがありますね。



cym-halfmoon02花のアップ。年々色が薄くなってくるような感じもします。芳香も少しあります。

洋ランの(熱帯域の)シンビジウムは置き場所に困る、という点を除いては、とても扱いが楽。大きな花をたくさん、しかも長い間楽しめるので、オススメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/07

だるまクンシラン

clivia-miniata-daruma01
クンシランの学名はAmaryllidaceae Clivia Miniataで、ヒガンバナ科クリビア属。ラン科ではありません。漢字では君子蘭と書きます。南アフリカの原産。葉幅の広いものをダルマと言います。3年くらい前に開花株で買ったもの。

高嶺の花だった時代もあったようですが、今では、特に現代の住環境では、とても育てやすい花の一つだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/05

御嶽山 番外編

ontake11

刺さっている人。飲みすぎです(^^;)

ちなみにこの人が履いているのはロシニョールのFree Ventureです。長さ99cmの板。ある程度滑ることができ、シールもアイゼンも装着できます。とても便利そうな板でしたが、滑りを楽しむ向きには短すぎカモ。

それより頭がどこにあるのか心配な・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

御嶽山 下山編

ontake08

下りはスキーORスノーボード。エッジの威力はすごくて、履いてしまえば、けっこうな斜面でも何とかなります。

巨大なハーフパイプ(片側にしか雪庇がなかったので、正確に言えばクオーターパイプ)のような、天然の谷を下りたのですが、ここに入ったら、とたんに風も止み、ポカポカと暖かくなりました。



ontake09

飛ぶ人1



ontake10

飛ぶ人2



ontake12

リップで遊ぶ人

上り3時間半、下りは30分・・orz

私が写っている写真ももらえたらUPしますが、うまく写ってるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

御嶽山 山頂編

ontake06

木曽山脈(中央アルプス)だけがやけにくっきりと浮かび上がっていました。赤石山脈(南アルプス)や富士山もかすかに見えましたが、全体に春の霞がかかっている感じでした。

空気が澄んでいれば、八ヶ岳や乗鞍岳、穂高岳、浅間山なども遠望できるのですが、今日は霞の中。



ontake07

王滝山頂(2936m)から見る御嶽山頂の剣が峰(3067m)。八丁だるみを通って行きます。今日はとにかく物凄い風が吹いていて、スキーやスノーボードを背負って行くと空も飛べそうな雰囲気だったので、断念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

御嶽山 登山編

御嶽山(3067m)に登ってきました。。

ontake017合目の田の原(2200m)で支度を整えているところ。一緒に行ったのは6人。スキー4とボード2。私はスキーで行きました。山頂付近は地吹雪のようになってます。

ontake028合目を少し上がったところ。8合目から風が強くなり始め、しばらく待機。少し弱くなったので尾根筋の登山道を避けて、少し谷になったルートを選択し、歩き始めたところ。

ontake039合目のちょっと前。この辺りからちょっと急。

ontake04もうバテバテ。この辺が一番辛かったですね。皆、スキーやボードを背負っているので、重いし風にあおられるし・・。特に私は登山靴履いてブーツも背負ったので、ワンデイハイクなのに荷が10kg越えました。

ontake05やっと王滝山頂(2936m)に到着。最後の2~30mはアイスバーンになっていて、しかもすごい強風。アイゼンやピッケル持ってなかったのでちょっと怖かったです。慎重にステップを作りながら上がりました。

AM9:30ころから歩き始めてPM1ころ着いたので所要時間は3時間半くらい。夏場なら1時間半ほどで行けるところですが、途中、強風で動けない時間もけっこうありました。

実は今日登山をしていたのは私たちの他に3パーティあったのですが、皆、強風のため途中から引き返し、辿り着けたのは私達だけでした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/04/03

ボードとバインディングとブーツを購入

snowboard03今頃?という感じですが、ボードとバインディングとブーツを購入。

ボードは中古。ROSSIGNOLのPREMIER (156)。ロシニョールと読ませるのもプルミエールと読ませるのも英語ではありませんね。仏語でしょうか。

私の身長では152cmでも良かったんですが、絵がキモいので156cmにしました。この絵はまあかわいい方です。ホントはドツインのALIAS欲しかったんですけどね。ま、来年にします。

バインディングはFLUXのADVANCE (M)、ブーツはDEELUXEのTATOO (25)です。

DEELUXEって1cm刻みなんですが、私の場合、25cmでも26cmでも履けるので、どっちにするかけっこう悩むところです。インナーが熱整形できるのですが、丁度25.5cmくらいだと、微妙にあわない気が・・。キツめで履くかゆったりめ履くかという感じ。ちなみに私の足の実測は24.2~3cmくらいです。

とりあえず、明日と明後日は春ボードを楽しみたいと思います。でもこの時期コブが柔らかくていい感じなので、スキーにも惹かれるなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わさびの花

wasabi1年度末は忙しくてblogの更新ができず、明けてからはココログの調子が悪くて更新できず・・orz

今日は大丈夫なんでしょうか・・。

ところで、わさびをカップに立てておいたら花が咲きました(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »