« 臥牛錦(酒井氏人形) | トップページ | Kenko AC CLOSE-UP No.3 55mm »

2005/04/30

ハオルチアとガステリアの日照

暖かくなってきたので、2週間ほどハオルチアやガステリアを外に出していたら、一部葉焼けしてきました。もちろん軒下で、直射日光の当たらないところに置いたのですが・・。3~40%程度の遮光だと思います。

昨日から焼けたものと変わらないものを選別。個別に日照を調整しています。

ハオルチアの日照の調整ってむずかしいですね。不足すると間延びするし、多すぎると焼けるし。ウチでは、窓の内側だと間延び、窓の外だと葉焼け、ちょうど良い日照の場所がない感じです。

似たもの同士並べてもうまく行きません。例えば宝草錦が大丈夫でも隣で京華錦は焼けたり。それどころか同種同名でも出所が違うと差が出たりします。同じ小型レツーサというラベルが付いていても、同じ日照で焼けたり焼けなかったり。どちらの小型レツーサも半年以上ウチにいるので、環境の急変が原因とも考えにくいのです。

ガステリアも同様に悩ましい。緑色のピランシーが焼けたのに、ほとんど葉緑素がない颯颯の松や美鈴の富士などが隣で涼しそうにしています。

日照の外に間延びの原因として、水遣りや肥料も考えられるかもしれません。私の場合、水遣りに問題はないと思うのですが、肥料は全く施さない方がいいのかな?

日照に関してはハオもガスも許容範囲が凄く狭い感じがします。しかも日照によって強いダメージを受けると、なかなか回復しなかったり、更新に時間がかかったり・・。多少間延び気味でも元気に育ってくれる方がいいのかもしれないな、とやや諦め気味なこのごろ。

なにしろ寒いところでは、成長が始まる3月ころに十分な日照を確保できないのが残念、なのかも?

|

« 臥牛錦(酒井氏人形) | トップページ | Kenko AC CLOSE-UP No.3 55mm »

コメント

ガステリアの日照時間に関してはまったく同感です。
思わずコメントさせて頂きました。
日があたるとスグ赤くなり,室内に入れると元の色に。
ただ,室内では間延びするし,外では日陰でも日焼け・・。
手がかかる・・。

投稿: mellow-d | 2005/05/15 16:35

mellow-dさん、はじめまして。

日照については悩みが尽きませんね。数が増えてくると、優先順位も決めなくてはなりませんが、人の優先順位は最後の方なので、だんだん人の住む場所がなくなってきます。

投稿: MUGIXOR | 2005/05/15 21:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65616/3926278

この記事へのトラックバック一覧です: ハオルチアとガステリアの日照:

« 臥牛錦(酒井氏人形) | トップページ | Kenko AC CLOSE-UP No.3 55mm »