« Pleione formosana cv. | トップページ | ネコに怯える日々 »

2005/04/20

雨の中のバイカオウレン

冷たい雨の中、山の中を歩いてきました。別に酔狂ではなく、オオヤマレンゲの植林が目的。

この辺りではオオヤマレンゲが数を減らしています。そのため山から採ってきた種を育て、また山に持って行って植林しているのですが、今まで200本近く植えてほぼ全滅。実生から5~6年の高さ1m弱の苗では、カモシカの食害に遭ってしまうのです。

ちなみに園芸種のオオヤマレンゲは、山に植えると交雑するので不可。

最近は囲いを覆ったり、12年ほど育てた高さ160~180cmくらいの苗を植えています。雨は人間には辛かったのですが、オオヤマレンゲにとっては根付きやすくて良かっただろうと思います。

オオヤマレンゲは初夏の花でしばらく先ですが、残雪が点々とある早春の山中に咲く、バイカオウレンの花を撮ってきました。カメラはcoolpix5600。暗い山中で三脚もなく、手ぶれを止められず大変でした。

baikaouren01
バイカオウレン。キンポウゲ科オウレン属にオウレン(黄蓮)があり、根茎は漢方薬としても知られます。同じオウレン属で、梅に似た花を咲かせるものがバイカオウレン(梅花黄蓮)。地上2~3cmに咲く小さな花で、群生するととても美しい。

baikaouren02
別の花をフラッシュを焚いて撮ってみました。花の下に輪生する5枚の葉はバイカオウレンのもの。

|

« Pleione formosana cv. | トップページ | ネコに怯える日々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65616/3779961

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の中のバイカオウレン:

« Pleione formosana cv. | トップページ | ネコに怯える日々 »