« Lycaste aromatica | トップページ | Tacitus bellus 'King Star' »

2005/06/17

ミニサボテンの植え替え

某有名業者のミニサボテン2鉢を植え替えました。

昨年の今頃、インターネットで注文して4鉢購入。2鉢は当り、2鉢は外れ、という感じでした。確率50%というのは高いのか低いのかよく分かりませんが・・。

cac-gymno-denudatum01
海王丸(Gymnocalycium denudatum var. paraguayense)

当りの中の1鉢。こんな海王丸を数百円で買えれば御の字(^^

cac-lopho-diffusa08
翠冠玉(Lophophora diffusa)

外れの1鉢。ひび割れたり、傷が付いたり。茶幕(白幕?)も上がってます。うちに来た時からこんな感じでした。ひどいよora

もう1鉢の外れはよい株だったんですけど、梱包時に付いたと思われる大きな傷がありました。やっぱ愛がないのかな・・。

このディフューサ、2月の温室事故の際もその温室に置いてありました。

室外の最低気温は-10℃以下に落ちたと思います。そんな時期に温室を2日間無加温で放置。中にあったランは全滅、アロエもほとんど逝きました。そんな中、枯れもせず凍りもせず、寒冷障害の気配すらなかった固体は3つだけ。

アロエの千代田錦とガステリアの臥牛、そしてこのディフューサなのでした。春になって、何事もなかったかのようにすくすく育っているのを見ると、なんだか可愛く見えてきます。

ちなみにガステリアはほとんど生き残りました。臥牛以外は葉が傷んだりしましたけど。

--

これらミニサボテンの土は糊で固められているのですが、水を遣ると溶けます。乾くとまた固まりますけど・・。サボテンの植え替えの前後は水を遣らないものですが、遣らないと植え替えられません。

植物の成長にとってなんの障害もありません、などと書いてありますが、横に広がれずに縦に伸びそうな感じもします。抜くと虫だらけだったこともあるので、買ったら早めに植え替えるのが吉。

|

« Lycaste aromatica | トップページ | Tacitus bellus 'King Star' »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65616/4593758

この記事へのトラックバック一覧です: ミニサボテンの植え替え:

« Lycaste aromatica | トップページ | Tacitus bellus 'King Star' »