« 臥牛の花 | トップページ | MUSICAL BATON »

2005/06/23

この木なんの木、アメリカキササゲ?

america-kisasage01
うちから300mほど離れたところに変わった木があります。たまたま通りかかったら花盛りだったので、写真を撮っていました。すると道行く人たちから口々に
「この木なんて木ですか」
と聞かれる。
「私も今尋ねようと思っていたのですが、つまり、あなたも知らないんですね」
と私。そのうち見ず知らずの3人ほどが集まったのですが、相談したところで知らないものは分からない。
「近くの本屋さんに行って調べましょう」
ということになって、近くの書店へ。書店の人も以前から気になってはいたようで、すでに目星をつけていました。使い古した植物図鑑を引っ張り出してきて、
「これじゃないですか?」
と言われたのがアメリカキササゲ。アメリカキササゲ、なんでしょうか?

america-kisasage02
ノウゼンカズラ科キササゲ属アメリカキササゲ?

けっこうな大樹です。隣に2階建ての家があるのですが、その家が建っている地面の横の土手から生えていて、本は家のGLより2mほど低い。末は2階の屋根より3~5m高く見えるので、15m前後あるかも。

アメリカキササゲであれば、そのうちササゲのような実がなるそうなので、確認してみます。

|

« 臥牛の花 | トップページ | MUSICAL BATON »

コメント

こんにちは。見事な花つきですね(^^)。

それ、葉の形から[カタルパ](ノウゼンカズラ科)でしょうか。http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/00/08/48a14e0308726032b7eab05be2b12d9a.jpg

もともと熱帯産ですが、アメリカでは北はケンタッキーまで、街路樹や木陰樹に植えられ、俗名はインデアンビーンズだそうです。

豆の鞘みたいのが付くのでマメ科と思っていましたが、ちがうんですね。
one of our finest shade tree.ですって。はじめて、私も調べてみました。

ココログ、今日は軽いですね。
gooも最近、かなり不調でしたが、七月に入り、有料版のgooアドヴァンスへの大キャンペインに誘導する術みたいです。

投稿: U-1 | 2005/07/02 13:40

そのjpg画像はU-1さんの蔵本ですか?なんという本なのでしょう。

>ココログ、今日は軽いですね。
実質有料ですからこれくらい軽くないとね、と思います。でもカテゴリの誤動作は相変わらず・・。

>有料版のgooアドヴァンスへの大キャンペイン
本当だったらヒドイ話ですね(^^;

gooも有料サービス始めるんですか。と思って調べたらすごいスペック。これで安定して軽かったらけっこうよさそうですね。バックアップもできるし、引っ越そうかな・・。私にとってgooブログは自由度の低さが難点なんですが、アドヴァンスではどうなんでしょ。

投稿: MUGIXOR | 2005/07/02 18:50

「ユクノキ」?アップありがとうございます(^^)。

Charles F.Millspaugh, American medicinal plants. Dover Publications.NY,1974 

という本で、180種類の草本、樹木の伝統的用法と、化学成分、それに挿絵が載っています。他に1000種類の 植物に言及しています。全806ペイジ。

私の持ってるのはペイパーバック版$22.2。ハードカヴァー版は挿絵がカラーです。

「カタルパには、顕著な薬効はない」とあります。

本の内容は、いまいちで、アメリカ先住民の薬草利用の紹介ではなく、白人の開拓民が先住民の用法を、見よう見まねで利用した内容です。化学成分分析の方は、しっかりしています。

(なお、先住民の薬草利用方は、中国~シベリアとの人達と同じと、途中で出会った北京大の先生が教えて下さいました。)

世界遺産のイリノイ州 Cahokia Moundsという所で買いました。

投稿: U-1 | 2005/07/02 21:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65616/4679706

この記事へのトラックバック一覧です: この木なんの木、アメリカキササゲ?:

« 臥牛の花 | トップページ | MUSICAL BATON »