« ギムノカリキウムの花2種 | トップページ | ノリウツギ »

2005/07/15

ガガイモ科フェルニア属ヒスロピー

asc-huernia-hislopii01
ヒスロピー(Asclepiadaceae huernia hislopii)

花が楽しみな多肉というのもいいですね。ガガイモ科多肉の花はおもしろい上に変化も多く、悪臭を発するものもあるらしい。触ってみたら意外と硬質な花弁です。

多肉の花は、葉の多様なのに比べれば、どうも見劣りするものが多い。ユリ科多肉、特にハオルチアはつまらない花の代表選手ですが、メセンもセダムも変化に乏しく、すぐに見飽きます。見飽きるといえば、1962(昭和37)年の三鬼辞世の句。

春を病み 松の根っこも 見あきたり / 西東三鬼

学生時代にこの句に触れて、おもしろい境地だなと感心し、未だに記憶に残っています。まあ松の根っこがそれほど愉快なものかどうかはともかく、多肉の多くは1年もやってると花に興味が湧かなくなりますね。

ガガイモ科多肉は寒さに弱いらしい。今年から始めたのでよく分からないのですが、無事年を越して欲しいものです。

|

« ギムノカリキウムの花2種 | トップページ | ノリウツギ »

コメント

TBありがとうございます。 フエルニアはあまり臭くないんですよね、確か。
うちのフエルニア、阿修羅はまだ咲いていません。

私も春にガガイモ入手したばかりなので、「夏型だから大丈夫だろう」と水遣りを多めにしていたら蕾のついた蛾角が根腐れを起こしてしまいました(汗)  

投稿: くりこ | 2005/07/17 08:09

くりこさん、こんにちは。

>フエルニアはあまり臭くないんですよね
フェルニア全般に臭くないんですか?トリデンティアとかホーディアとか他の属はどうなんでしょ?

臭いといえばスタペリアですね。怖いもの見たさで王犀角も買ってみました。ああ早く嗅いでみたい(*^^*)

>水遣りを多めにしていたら
やっぱ夏型とはいえ、多肉なんですね。気をつけます。

投稿: MUGIXOR | 2005/07/17 22:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65616/4986434

この記事へのトラックバック一覧です: ガガイモ科フェルニア属ヒスロピー:

« ギムノカリキウムの花2種 | トップページ | ノリウツギ »