« MAMIYAFLEX-C Professional | トップページ | 王妃錦司晃 その3 »

2005/08/22

臥牛とサギソウ

忙しかったお盆がようやく終わった、と思えばもう秋の気配。

「夏でも寒い」と唄われるこの地。夏らしい時期といえば、梅雨明けからお盆までの1ヶ月ほど。とはいえ、岐阜の長良川の方から来て一緒に仕事をしていた人には、この時期でさえ寒かったらしい。

私「この辺りは真夏でも朝夕が涼しいから過ごしやすいでしょう?」
岐阜の人「涼しいというより寒いですね。明け方の寒さは夏とは思えませんよ」

などと話していたのは、つい10日ほど前。昨晩は私も寒くて目が覚めました。

sagisou02
臥牛‘軍配’の花

うちにはガステリア、中でも臥牛の数が多いので、夏の間中あちこちで花を見ることができます。ハオルチアでさえ休眠せずに花を咲かせるものが多いのですが、ユリ科多肉の花は、まあ、どれも似たり寄ったりでつまらない・・。

sagisou01
サギソウ‘銀河’の花

サギソウとウチョウランの栽培を副業にしている、叔父からのいただきもの。思えば今年で3年目なんだな。つい先日もらったような気がしていましたが、時の経つのは早いものです。

|

« MAMIYAFLEX-C Professional | トップページ | 王妃錦司晃 その3 »

コメント

サボタニ園さんは高原とか涼しい所によくありますよね。お肉の為には涼しいほうが良さそうでちょっと羨ましくもあり。
関東のコンクリートベランダでは、遮光してもハオルチアが日焼けします(*_*)

投稿: くりこ | 2005/08/22 20:14

でも、冬は寒いですよ~。ウィンタースポーツやるには便利ですけど・・。

秋の終わりと春の初め、特に3月4月の日照不足が問題で、植物は動き出すのに、十分日に当てることができないのが辛い。GWでも雪が舞ったりするので、うっかり外に放置できないし・・。ランは成長が遅れ、多肉は間延びします(TT

投稿: MUGIXOR | 2005/08/22 22:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65616/5582228

この記事へのトラックバック一覧です: 臥牛とサギソウ:

» 子宝。 [PEKOの超不定期ブログ!(日記)]
怒濤のお肉買い初日、いわゆる景気付けになってしまったお肉がこの子。 '''ガステリアの子宝と思われる子。''' 形といい、ブリブリと子吹いていたあたりからして間違いなさそう。 ガステリアって、どこがどういう風に胃袋?と思ってたら図書館で勉強したときに とある本に '''胃袋のような花をたくさんつける''' と、紹介してありました。 '''胃..... [続きを読む]

受信: 2005/10/12 10:59

« MAMIYAFLEX-C Professional | トップページ | 王妃錦司晃 その3 »