« 気になるコンデジのサンプル画像比較(2)(BlogPet) | トップページ | またまたE-500について »

2005/09/29

今後のオリンパス(E-xとE-xxについて)

引き続きテラダトシユキさんへのインタビューから。原文引用すると長いので、リンク辿ってください。間違いがあったら教えてください。

--

Q: アマチュアもプロも、特にプロカメラマンはE-1が変わると期待していました。まさかE-300が変わるとは。あなたもご存知とは思いますが・・。

A: ええ、ちゃんと分かってますよ。多くの人たち聞かれます。なぜ800万画素のセンサーをE-1に搭載して、市場に投入しないのかと。でも、それは簡単なことではないのです。私たちは、センサー、ファームウェア、プロセッサー、ハードウェアなどの全ての断片を、一つのシステムの一部として考えなければなりません。そしてそれは一斉に機能しなければならないのです。 これは私たちがどのようにそれ(E-xというシステム全体)を見るか、ということなのです。

Q: しかし、あなた方にはそれほど時間がないのでは・・。

A: ええ、私たちは次のイベント、多分PMA(*1)で次期E-xに関して何か言わなければならないでしょうね。

Q: 「SAY(発言)」ですか?「PRESENT(発表)」ですか?

A: 「発言」です。

Q: 新しいプロ用機をデザインするにあたり、プロカメラマンのニーズの何がフィードバックされますか?

A: (微笑)スポーツカメラマンは速度やフォーカスポイントの改善を求めますね。新機種は明らかにそれらに対応するでしょう。ボディについてはそれほど懸念がありません。結婚式やスタジオのカメラマンはE-1にとても満足してくれています。

Q: コダックのセンサーと連合するのですか?あるいはもしかしたら新機種にはパナソニック―松下のセンサー(*2)を搭載するんでしょうか?

A: いや、私たちはどんな形であれ、一つのセンサーメーカーと連合したりはしませんよ。私たちはこのコンポーネントのサプライヤーを各方面に捜しています。大企業だけで考えないでください。私たちはセンサー開発の分野で興味深い進歩をしているいくつかの小さな会社に関心を寄せています。

Q: 画像安定化(手ブレ防止)についてどうですか?

A: 安定化は近年、全てのカメラメーカーにとって大きなポイントの一つで、オリンパスにとってもそうです。

Q: しかし、ズイコーレンズの現在のマップを見てみるならば、たくさんの本当に良質で高価な素材を用いた望遠レンズに、明らかに大きな努力が払われたことが分かります。今更、これら全てのレンズを画像安定化バージョンに変えることはできませんよね。それは全く非経済的(*3)で・・。絶対にオリンパスはボディでの統合的(*4)な画像安定化に取り組んでいなければなりません!

A: (笑)ハハハ!全く論理的なお考えです。でもそれについてはお話しできません・・。

Q: ボディとレンズの間での安定化モジュールの製造を考慮しましたか?例えばテレコンバーターでの統合化のような。

A: いいえ。

Q: 今、私たちはE-1でプロ用のE-xラインを、E-500で一眼初心者用のE-xxxラインを持っています。より進んだアマチュア用のE-xxラインは新しいプロ用機と同時か、あるいはすぐにスタートするのですか?

A: その計画についてはコメントできません。しかし、私たちもE-xxに対してはミドルクラスを考えています。

--

*1) PMA2006は2006年2月26日から3月1日にかけて、米フロリダ州で開催されるらしい。E-xはその時点でもお目見えしない可能性大。E-xxはどうなんでしょうね。E-xより先行して開発に入っているとすれば、次期PMAで正式にアナウンス?

*2) コダックのセンサー搭載機を3ラインも用意する必要が本当にあるのか、そんなことして大丈夫なのか、という感じもします。差別化が曖昧なままリリースすると、自社製品内で競合しかねないですから。

どうせならサイドスイングミラー&松下センサーというキワモノな方向で、かつE-500と同価格帯で攻めたらどうかと。これなら明確な差別化ができます。そして次期E-xxxにはプリズムを載せてください。

しかし松下製品、FZ20やFZ5はすばらしく、時代を劃する名機だったかもしれませんが、最近、こと今年度に入ってからリリースされる製品にはあまり魅力を感じません。デザインや売り方が良いので、ついふらふらとパナのサイトに行ってみるのですが、サンプル画像のノイズを見ると、買う気が萎えます。手ブレ防止は魅力ですが、画質が悪いのでは元も子もない。

なのでオリンパス松下連合、若干不安でもあります。

そういえば、オリンパスSP-500UZのノイズもパナのノイズに似てきた感じ。C-xxxxのノイズとは全く雰囲気が違います。SP-500UZは、あの価格にしてはとても美しい画像だとは思いますが・・。

*3) ただでさえ高価なZDレンズを買い替え、なんてことになったら、ユーザーにとって全く以って非経済的、悪夢に近いでしょう。多くのユーザーが逃げ出すかもしれません。

*4) integrated(統合)の反対語ってdistributed(分散)になるのでしょうか・・。要するに、ボディとレンズに手ブレ防止機能を分散させないで欲しい、ということかと思います。レンズ側でまとめる(統合させる)のもユーザー泣かせ。レンズをたくさん持っているハードコアなユーザーほど離れていきそうですから、ボディ側で統合するのが、メーカーにとってもユーザーにとっても幸せ、ということでしょうか。

|

« 気になるコンデジのサンプル画像比較(2)(BlogPet) | トップページ | またまたE-500について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65616/6177472

この記事へのトラックバック一覧です: 今後のオリンパス(E-xとE-xxについて):

« 気になるコンデジのサンプル画像比較(2)(BlogPet) | トップページ | またまたE-500について »