« Sony Cyber-shot DSC-R1 | トップページ | \15,000,000のピアノ »

2005/09/25

気になるコンデジのサンプル画像比較(2)

Fujifilm FinePix S9000

FZ30の画像サンプル見た時と同じ感想です。ノイズを増幅してまで高画素を追求するのはやめて欲しい。

Canon PowerShot Pro1

マクロのサンプルがないのが不満ですが、キレイな絵です。800万画素クラスのコンデジの中では、今でも最も美しい部類に入るのではないかと。個人的にはKissDNの絵より好きです。28~200mm / F2.4~3.5というレンズも魅力。

2004年3月の発売から1年半、後継機種の発表もないまま生産中止となるのでしょうか。残念。

Olympus CAMEDIA C-8080WZ

オリンパスのTOPからリンクが消えちゃいましたねえ。ページは残ってますが、やがて無くなるでしょう。

これも2004年3月発売。しかも28mmから始まるズームだったんですね。ちょっとザラザラ感がありますが、最近相次いで発表された高倍率ズームの800万画素機より目立たないカモ。後発のC-7070WZと比べても負けていないと思います。C-7070WZのノイズだって、いろいろ見比べてみればマシな気がするし・・。

--

発売から1年半経ち、生産中止となって消えてゆく機種と、最近発表された機種とを比較してみても、あまり進化していない、というより、むしろ退化しているのではないかとの不安さえ感じます。

高画素や高倍率というのは確かに「ウリ」やすい。数字で表現できますから。800万画素とか12倍ズームとかね。画質は客観的な判断がしにくいところです。でも、肝心の絵作りをないがしろにして製品開発されても、購入意欲は湧かないですよ。とりあえずノイズ軽減にはもっと真剣に取り組んでもらいたいと思います。

|

« Sony Cyber-shot DSC-R1 | トップページ | \15,000,000のピアノ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65616/6118398

この記事へのトラックバック一覧です: 気になるコンデジのサンプル画像比較(2):

« Sony Cyber-shot DSC-R1 | トップページ | \15,000,000のピアノ »