« 書の至宝展 | トップページ | OLYMPUS μ720sw »

2006/02/10

ポケットに入るデジカメ

久しぶりに東京に行って、パナソニックのFZ5で写真を撮り歩いてみたのですが、やはりFZ5の高倍率の光学ズームは、風景を撮るには広角側に不足を感じます。ポケットに入らないのもちょっと不便。

新宿のヨドバシでいろいろいじってみて、琴線に触れた機種をいくつか。

CANON IXY DL3

長所:カッコイイ。小さい。

短所:38mmからのズーム。テレ側で暗い(F5.4)。マクロに弱い。カタログ見たら、L3のマクロって、テレ端で10cmと一番寄れるんですね。手に取ってみて、ワイ端でちっともピンが合わず、不思議に思いました。ワイ端でマクロ30cmって、そりゃマクロっぽくないです。

総評:性能を比較すると、IXY60に勝るところがない。デザインで売るカメラなんでしょう。L4は是非伝統の短焦点で。28mmから32mmくらいの広角寄りの短焦点、F3.5くらいにしてほしい。

PENTAX Optio WPi

長所:防水。小さい。

短所:画質にやや難?38mmからズーム。

総評:なんだかバランスいい感じかも。

--

以前から悩んでいるA620やSP-350もいいんですが、A620は単3乾電池4本入るので、ポケットに入れるにはやや大きくて重い。SP-350はちょっと遅いし、最近価格が上昇傾向。

GR-Dは意外に小さかった。それにしても安いカメラではないので、もう少し高級感が欲しい感じ。GR-DよりGX8が気に入りましたが、絵はノイジーな印象。

コンデジの広角は歪曲収差も気になります。

--

小型軽量で高倍率ズーム、ノイズが少なく、高感度にも強く、レンズが明るく、収差も少ない、そんなカメラは存在しないので、どこかに落としどころを探すしかないんですが、どうしようかな。

E-330の登場を待って、E-500とどちらかを買おうかとも思ったり。もちろんポケットには入りませんが、これに11-22か14-54を着けて出かけるのもおもしろいかな。

|

« 書の至宝展 | トップページ | OLYMPUS μ720sw »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65616/8593583

この記事へのトラックバック一覧です: ポケットに入るデジカメ:

« 書の至宝展 | トップページ | OLYMPUS μ720sw »