« Echeveria cv. Derosa (2) | トップページ | ゼラニウムについて »

2006/03/23

Aloe haworthioides

aloe-haw03
ハオルチアとそっくりなハオルチオイデスですが、花を見ればやっぱりアロエですね。

半分ほど咲きあがりました。蕾のようですが開花してます。

aloe-haw04
こちらは本体。

|

« Echeveria cv. Derosa (2) | トップページ | ゼラニウムについて »

コメント

ハオルチアオイデスの花は色があるんですねー。 ガステリアの花も色があるし、何でハオルチアだけあんなに地味なんだろう(笑)

投稿: くりこ | 2006/03/23 20:08

ハオルチアはホントに地味な上に邪魔ですよね~。ガステリアもまあハオよりはマシですが、どれもおんなじで・・。

アロエは花の形や付き方にも変化があるので見飽きません。

投稿: MUGIXOR | 2006/03/23 23:44

MUGIOXRさん、こんばんは。

子供であるデンティティの花が前に咲きましたが、少し違った感じですね。こちらのはもっとみっしりしている。色は同じですね。やっぱりあの、開ききらないような花弁なんでしょうか。

今年はハオルチオイデス、欲しいなあ…

いつも写真がきれいで見ほれております。
また寄らせて頂きます。

投稿: salsa | 2006/03/25 01:07

salsaさん、こんばんは。

ユリ科多肉の中でも、アロエは割と花が楽しめますよね。形も色も変化がありますから。

これで花茎が短かったら写真1枚に納まるんですけどね(^^

投稿: MUGIXOR | 2006/03/25 01:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65616/9216610

この記事へのトラックバック一覧です: Aloe haworthioides:

« Echeveria cv. Derosa (2) | トップページ | ゼラニウムについて »