« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006/04/30

五色葉ゼラニウム

Gerapzonale10
変わり葉のゾナル系ペラルゴニウム。

購入直後は新葉にいくほど斑の乗りが悪く、このまま消えるのではないかと心配しました。しばらく管理していたら、新芽には冴えた斑が出てきたので一安心。お店に置かれていた間、管理が悪かったのでしょう。日照不足かな・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/29

オブツーサ

Hawobtusa01
オブツーサ(Haworthia obtusa)

植え替え前の記念写真、3つ目。若干間延び気味なんですが、みんなバランスよく伸びておにぎりみたい。見栄えはします(^^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

宝草錦(其ノ弐)

Hawtakarab01
宝草錦(Haworthia cuspidata f. variegata)

植え替え前の宝草錦その2。こちらの方が派手に斑が乗ってます。

Hawtakarab02
横から見たところ。上の写真とあまりアングル変わらなかったですね(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

宝草錦(其ノ壱)

植え替える前に記念撮影。

冬になると半冬眠状態に陥り、園芸熱も急速に下がるものですから、まじまじと眺めたのは5ヶ月ぶりくらいです(^^ゞ

しばらく見ないうちに立派になって(ノД`)シクシク

Hawtakaraa01
宝草錦(Haworthia cuspidata f. variegata)

この株はきれいに斑が散りました。

Hawtakaraa02
横から見たところ。緑単色のものや白単色のものなどさまざまですが、白いのは切り離すと逝くでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/27

センペル購入

Sempervivum02_1
届いてびっくり、センペルビブム12種14株Σ( ̄▽ ̄;

こんなに買ったんだっけ、と確認してみれば、確かに注文してました。いやあ、ネットって恐ろしい(^^;

そもそもセンペル好きだったのかな・・。ハマらないといったばかりだったような気もするな(^^ゞ

1個1個植えるのも面倒なので1鉢にまとめてしまいましたが、増えるんだろうなあ(´・ω・`)

ええ、もう買いませんよ(`・ω・´)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

自然の姿

現地(南アフリカ)で自生する多肉(主にユリ科)の様子を見たければ、何といってもココでしょう↓

http://www.haworthia.com/RSATrip/Days/RSATripIntro.htm

実はガステリアもハオルチアも、けっこう地下に埋まっていて、軟葉系ハオなんて窓だけ外と繋がっている、という感じなのです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/04/26

桜に付き物なアレ

Sakura03
ああ邪魔だなあ、と思うのは電線と電柱。あと街灯。これだけ囲まれると、もはや桜だけ撮るのは不可能です(ー_ー)ゝ”

Sakura04
よく観察すると、いたるところで空が区画されています。

Sakura05
特に電線はいやらしい。望遠で狙った時など、肉眼や背面液晶では確認できず、家に戻ってPCで電線を発見し、ガッカリすることも屡orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/25

マルガリッタ?マリアッチ?

Mariachi01
‘マルガリッタUSA’という名で売られていました。が、それ以外の情報を得られず、科属さえ不明。ユリ科多肉だとは思うのですが・・。夏型か冬型かも分からないのですが、けっこう暑さ寒さには強く、適当な管理でもすくすく育ってます。

マルガリッタ、あるいはマルガリータなら、綴りはmargaritaでしょうか。検索しても引っかからないし、マーガレット/margueriteでもダメ。

Mariachi02 
反対側。

マリアッチという名前で流通しているものと同じような感じです。綴りはmariachiでしょうか。

硬葉系ハオルチアらしくもないような感じで、属間交配種のような雰囲気もあります。アストロロバ系のhyb.でしょうかね。米国産cv.なのかな・・。それにしては英名で全くヒットしないですね・・。日本語でもほとんどナシ。

Mariachi03_1
全体像。こうして見ると、'Aloe X Astroloba'な印象もありますが、推測に過ぎません。

購入時はまだ下から2段目が若葉だったので、大分大きくなりました。下葉になると独特のパール模様の白色が消えていくようですね。この脊椎が浮かび上がったような、あるいは爬虫類的な模様には、嫌悪感を抱く人がいるかもしれません。

若干冬型の傾向があるようにも思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/24

タチツボスミレと

Tachitubosumire02
タチツボスミレ(立坪菫)

もっともよく見かける、日本の代表的なスミレ。うちから徒歩2分くらいのところに群生がありました。

Otomesumire01
オトメスミレ(乙女菫)

群落の周辺には白いスミレもありました。タチツボスミレにはいくつか変種があります。花距まで白いものをシロバナタチツボスミレといいますが、これは花距が薄い赤紫色をしているので、オトメスミレでしょうか。

ちなみに黄色い花は西洋タンポポ。日本のはまったく見かけなくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/23

白青竜

Gashakuseiryuu01
Gasteria carinata var. verrucosa

和名‘白青竜’の寄せ植え。てゆーか、1つだけ植えると隙間がもったいないので、3つ並べただけですけど・・。

Gashakuseiryuu02
反対側。4号鉢に植えてあります。

Gashakuseiryuu03
確かに竜に見えないこともない。一番長い葉が30cmくらいあるので、けっこう置き場所には困ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/04/22

巻絹の紅葉

Semmakiginu05
先日載せたのと同じ巻絹ですが、紅葉が美しいので、自然光で撮ってみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Olympus ZD 14-54mm F2.8-3.5

念願のZD14-54が届いたので、試し撮りをしてみました。初めての竹レンズ(^_^*

Semroyanum01
Sem. tectorum cv. 'Royanum' (?)

直径8cmくらいです。

Aristocrat02
Hosta 'Aristocrat'

芽吹きなので緑色が強いですが、次第に青くなります。

Hanaume01
ご近所の庭に咲いていました。花梅だと思いますが、品種は分かりません。

やっぱ換算28mmでF2.8、換算108mmでもF3.5というのは、明るいなあと思います。14-45は換算90mmでF5.6まで落ちましたからねえ。そりゃF値固定だとうれしいですが、高価な上に大きくなるでしょうから。14-54は14-45とほとんど大きさが一緒というのもありがたい。

背面液晶で確認する限りどうも色乗りが悪いようで、今までの梅レンズと比べ違和感を感じましたが、帰ってPCで見たらいい感じ。

Tachitubosumire01
タチツボスミレのような小さな花も、このサイズで撮れます。換算28mmから108mmの全域でそこそこ寄れるというのは、私にとってはとてもありがたい。

==

総評:すばらしいレンズ。高いだけのことはあります。これと3535は傑作だと思いますね、個人的には。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/21

花吹雪

Sakura02
この杯を受けてくれ
どうぞ なみなみ注がしておくれ
花に嵐のたとえもあるぞ
さよならだけが人生だ

井伏鱒二の名訳でよく知られるこの詩、オリジナルは唐の干武陵の「歓酒」という 五言絶句です。

勧君金屈巵
満酌不須辞
花発多風雨
人生足別離

昨日東京周辺では、嵐が吹いて八重桜を散らしたらしい。こちらはまだソメイヨシノが八分からところどころ満開になったところ。八重桜なんてまだしばらく先の話です。

今日はその上に花吹雪。といっても花の吹雪ではなく、花と吹雪です。

先週末山歩きをしてきましたが、ほとんど花に出会えなかったばかりか、まだ固い冬芽に閉ざされていました。今年はほんとうに春が遅い。

花発(ひら)いて吹雪というのは、あまり多くないかもしれません。

Clematismontana02
先日買ったモンタナなど植物全部、昨夜のうちに取り込みました。モンタナならこの程度の寒さには十分耐えるかもしれませんが、買ったばかりでまだ環境に馴染んでないし、花もついているものですから。

花が終わったら、早々に植え替えて大きな支柱を立てないといけないのですが、庭に下ろすか鉢増しするか、思案しているところ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/04/20

いくつかセンペルビブム

センペルにハマらなかったといっても、大小合わせ9鉢ほどあります。

Semcompto02
コンプトコンガエ

Sembeniyuu02
紅夕月

コンプトコンガエも紅夕月も、最初は2.5号ポットにカワイイのが3つほど挿さってただけなんですが・・。

Semsp03
名前分からないんですが、カッコイイですね。なんていうんでしょうね。センペルは札が落ちると私にはお手上げです┐(´д`)┌

Semsp04
分からないのはでっかい平鉢に適当に挿してます。この赤いの2つは同じ種だと思うんですがね・・。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

センペル算

Semmakiginu04
‘巻絹’ ベンケイソウ科センペルビブム属(Crassulaceae sempervivum arachnoideum)

ネズミ算というのはよく聞きますが、センペル算は同等かそれ以上の等比数列です。更新の頻度はネズミほどではありませんが、一度に吹き出す子の数が凄い。

昨年5月23日にはまだ3号鉢でしたが、11ヶ月で6号鉢いっぱい。来年の今頃は、匙を投げてなければ(^^;)座布団くらいの範囲に拡がっているでしょう┐(´ー`)┌

センペルにはハマらない、というより、ハマってはいけない感じ(^^;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/19

teketeke

NHK趣味悠々「楽しく弾こう!大人のエレキギター」を観ていて、講師の小松久さんがいった一言が印象深かった。

「テケテケやればいいってもんじゃない」

蓋し名言か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイリントキソウ ‘六甲’

Plnrokkou03
Pleione formosana cv.

3月20日に植え替えたタイリントキソウ(タイワントキソウ)。

Plnrokkou04
今年はうまく咲き揃いました。15輪咲いていて、もうすぐ咲きそうな蕾は7つ。高さもみんな同じくらい。

思えばこれも近所の八百屋で買ったんだな・・。近所にある2軒の八百屋は、なんだかやけに珍奇で面白いものを仕入れることがあって、見逃せません。この時も確か「Angcm. didieri」を大花フウランなどと称して600円で売っていて、動揺した記憶が・・(^^ヾ

何度か花を楽しませてくれたディディエリも、昨冬の温室事故で逝ってしまいました(TT

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/18

子吹烏羽玉

Caclophowilliamsii05
Lophophora williamsii var. caespitosa

このシワシワな感じが和みます(´(ェ)`)

なんだか「水をくれぃ」といっているようなので、今日からサボテンに水遣りを始めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

センテッドゼラの苗(2)(BlogPet)

きょうMUGIXORで、購入したよ♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぱんだ子」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラベンダー ‘キューレッド’

Lavenderkewred01
Lamiaceae(Labiatae) lavandula stoechas 'kew red'

ストエカス系ラベンダーのキューレッド。イギリスのキュー王立植物園で作出された品種だそうで、前から欲しかった。といっても日本で紹介されたのは2000年らしいですが・・。よもや近所の八百屋の店先に並んでいるとは思わなかった(^^ヾ

モンタナと一緒に購入。300円でした。

穂状花序にたくさんの両性花がついています。てっぺんの翼のようなものは苞葉らしい。花びらではないのですね・・。苞というのは花序または花茎の基部につくのを普通に見かけますが、おもしろい。

ストエカス系に「天使」とか「妖精の翼」とかメルヘンチックな名が多いのも、この特徴的な苞葉に由来するのでしょう。

Lavenderkewred02
包んであったビニールを取り払って5号鉢に植え替えたら、なんだかしな垂れてきましたが、じき復活すると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モンタナ

Clematismontana01
Ranunculaceae clematis montana var. rubens

札がないのですが、あるいは

var. rubens 'Odorata'

でしょうか?いずれにしてもモンタナ系クレマチスです。

モンタナは自分には合わないだろうな、と思っていたのですが、近所の八百屋の店先に並んでいたので衝動買い。

でも衝動買いとはいえ、伏線があるのです。

NHK趣味の園芸4月号でモンタナを特集しているのですが、見出しのページに大きく「6号鉢の開花株を購入すれば、翌春には、500~1000輪の花を咲かせることも夢ではありません」と書いてあったのを思い出し・・。

20輪ほど花のついた5号鉢が580円だったのでつい・・。

うちに帰ってよく考えてみれば、そんなに大きくなってもらっては困るんだよな(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/17

サボテンやアロエの植え替え

サボテンやアロエの植え替えを始めないといけないのですが、一大事業なので億劫なんだな・・。今から株を抜いて根を整理すると、少なくとも1~2週間くらいは干さないといけないので、ちょうどGWにピークが来る計算。そんなヒマあるのかな、GWに。

Caclophodekapai04
Lophophora diffusa 'Dekapai'

このデカパイは1年ですごく成長しました。容積2倍くらいになったんじゃないかと。1年前の今頃はこんなに小さかったのに・・。

Aloearistata04
Aloe aristata

去年6月に4号鉢から5号鉢に植え替えたのに、もうパンパン。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/04/16

Cym. 'Marilyn Monroe'

Cymmarilyn04
シンビジウム ‘マリリン・モンロー’

傷んできたので花茎を切る前に記念撮影。もっと早い花の盛りのうちに撮ればいいようなものですが、毎年咲いているのでつい・・。

今年は花茎が5本立ちました。最近では支柱も立ててあげないので、自然に近い状態で暴れてます(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/14

ミニカトレヤ

Cattleya01
八百屋の店先で安売りされていたミニカトレヤ。名は分かりません。いつ買ったのかも記憶が定かでないのですが、毎春元気に花を咲かせてくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/12

アイビーゼラ ‘ルーレット’

Gerappeltatum01
‘ルーレット’ アイビーゼラニウム(Pelargonium peltatum)

アイビーゼラは匂わないですね。

Gerappeltatum02
いわゆるゼラニウム(アイビーやセンテッドを含め)は全部で250~280種。とNHK趣味の園芸3月号に書いてあります。

ランのように数が多いわけでもないし、オモトのように高価でもないので、頑張ればコンプリートしそうなところが怖い。てゆーか、そんなこと考えてる自分が怖い(^^;

でもセンテッドだけで200種類と書いてあるサイトもありますね・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/04/10

xrea

カウンターとアクセス解析を利用しているんですが、土曜日から調子悪いですね。カウントされたりされなかったり・・。そもそも組み込めないので、表示されないことも多い。2~3回に1回くらいしかカウントされてないようなorz

https://www.value-domain.com/info.php?action=press&no=20060408-1

↑障害情報も出てますが、今日の深夜対応ですか・・。反映は明日以降・・。不正確なカウンターやアクセス解析って実用性ないなあ。

blogの表示が若干もたつくのも、xreaのトラブルが一因かと思われますm(_ _)m

==

忍のカウンターも設置してみました。すでに今日を半分以上過ごしていますが・・。こちらはユニーク・カウント。それにしてもココログ、マイリストで「保存して反映」を押しても反映されませんね。ハマりましたよ(TT

と思ったら、かなり間をおいてから反映してる!?あああもう、あっちこっちで=3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/04/09

始めの園芸

Shunran01
私の場合、明確にこの日から園芸を始めたと思える日があって、それは1995年3月25日の土曜日、植物は春蘭でした。

なぜはっきり覚えているかというと、その週の月曜日(3/20)に地下鉄サリン事件があったからです。

私は当時東京で仕事をしていたのですが、地下鉄営団線を使って通勤している同僚が遅刻してきて、なんだか大変なことが起きているらしいと話していたのを覚えています。

翌火曜日の夜、大学時代の恩師を訪ねて母校に行ったところ、まもなく引越しをするとのこと。鉢植えがいっぱいあって全部持っていけないから少しもらってくれないか、といわれ、土曜日に先生宅に伺ったのでした。

春蘭数鉢をもらい、新聞に包んでスーパーのビニール袋に入れ、両手に持って帰途に着いたのですが、電車に乗ったときの乗客の反応が凄かった。皆一斉に私の方を見て荷物の中身を気にするので、うろたえましたし、あせりました。

写真はその時の春蘭。一時は20鉢を越えるほど増えましたが、人にあげたり、温室の事故で枯らしたりして、現在10鉢ほど。ただの春蘭ですが、そんな訳でとても思い出深い。

それ以前に3種、サクラランとパキポ、ハシラサボテンを育ててみたことがあります。うちサクラランはプレゼントされたものですが、他は自ら購入。いずれも管理が適当で、植物を育てる知識も意識もなく、すぐに枯らしてしまい、以降自分は植物を育てられない人間なんだと思っていました。春蘭は初めてちゃんと育てることができた植物でもあり、それが楽しくて、次第に夢中になっていったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/08

黄砂現象

Kousai01_1
午後5時ころ。空に浮ぶのは月ではなく太陽です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/07

センテッドゼラの苗(2)

Geraphazelnut01
Pelargonium 'Hazelnut'

Gerapcoconut01
Pelargonium 'Coconut'

Gerapprinceoforange01
Pelargonium 'Prince of Orange'

Gerapskeletonunique01
Pelargonium 'Skeleton Unique'

これは大きめ。

以上4つ、(1)とは違うショップから購入。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/04/06

センテッドゼラの苗(1)

通販でセンテッドゼラの苗を9つ買ってみました。

Gerappeacock01
Pelargonium 'Peacock'

下のほう随分木質化してます。節からは新芽が出ていますが…。

Gerappineapple01
Pelargonium 'Pineapple'

これは特に貧弱に見えます。

Gerapalmond01
Pelargonium 'Almond'

1つだけ花が咲いていました。これもなんだかバランスの悪い姿。

Gerapladyplymouth01
Pelargonium 'Lady Plymouth'

これはまあ苗らしい佇まい。

Gerapredcapri01_1
Pelargonium 'Red Capri'

これはとても小さい。

以上、同一店より購入。センゼラの苗ってこんなものなんでしょうか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/04/05

ジンギスカンのジンギスカン

今、NHK教育のドイツ語講座を観ていたら、オリジナルのジンギスカンがジンギスカンを歌っているVTRが流れてたけど、すっげーカッコよかった。もう釘付け。音楽でゾクゾクきたのって久しぶりカモ(=゚ω゚=)

それにしても途中で終わるな~(怒

どっかで手に入らないかな、あのV・・。もう一度最初から最後まで全部観たいぞ━━ヽ(≧ο≦)ノ━━!!

次回からドイツ語でジンギスカンの歌を練習するらしい。こりゃ見逃せないなあ・・。つか、もうドイツ語どうでもいいからジンギスカン全部流して頂戴(´(ェ)`)

**

話は変わりますが、ジャッキー・マクリーンが亡くなりましたね。あの時代のJAZZミュージシャンがまたひとり減りました(-人-)

《2006/4/6追記》

DVD出てますね・・。出たばかりですか・・。
早速注文してみました(^ω^)

中身は分かりませんが、ドイツ語講座で流れたのと同じ1979年のTVライブの映像が入っているような感じです。

私はリアルタイムでジンギスカンを聴いていた世代ですが、当時はインターネットやDVDがなく、VHSやベータマックスさえ出始めたばかり。レンタルも市販もなく、映像を観るとなると、TV局が流す番組に頼るしかなかった時代です。

外国の音楽が紹介されることなどほとんどなく、実際どんな人たちか知らずに過ごしていました。

こんな人たちだったのかァΣ(´∀`;)

昨今のジンギスカンブームを受けて再結成、昨年暮(2005/12/17)にモスクワでライブが開催されたそうです。公式サイトもあって、オープニングの模様を見ることができます↓

http://www.dschinghis-khan.com/

でも駱駝が歩くのを嫌がって、駱駝の写っている時間が無駄に長い気が・・(^^;

長身のジンギスカン役(?)のダンサー、ルイス・ポジェッター(Louis Potgieter)は1993年に亡くなったようですね。この人の容姿とダンスが印象的だったので、ちょっと残念。あと、レスリー・マンドキ(Leslie Mandoki)が再結成に加わっていないかも?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/04/04

白雪ゲシ

Shirayukigesi01_1
白雪ゲシ ケシ科シラユキゲシ属(Papaveraceae eomecon chionantha)

今日は重いですねえ。投稿できるかな・・。

Shirayukigesi02
花のアップ。

--

あれ?左カラムの最新の記事に反映されませんね・・。もう一度保存してみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベゴニアの植え替え(BlogPet)

レックで、休眠しないです。
レックが富士へレックが富士まで流通するはずだったみたい。
レックは交配しないです。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぱんだ子」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/03

ゾーナル系ゼラその2

犬に喰われたヤツ以外のゾーナル系ゼラ。

Gerapmomiji03
もみじ葉は2鉢あります。こちらの葉の縁は若干緑が強い。

Gerapzonale06
中斑系。

Gerapzonale07
覆輪葉系。犬に喰われた株より覆輪が狭く、葉の緑も濃い。

Gerapzonale09_1  
五色葉系とのことでしたが、新葉の赤い環は薄い。消えていくんでしょうか・・。

--

NHK出版の「よくわかる栽培12か月ゼラニューム」を買ってみました。この本ではゼラニウムではなくゼラニューム、ゾーナルではなくゾナーレと表記してあります。

googleで検索してみると
 1位:ゼラニウム
 2位:ゼラニューム
ただし、どちらも数が多い上、僅差です。
 1位: ゾナル
 2位: ゾーナル
 3位: ゾナーレ
その他ゾーナレ、ゾナール、ゾナレも試してみましたが、ごく少数。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/01

まだおかしいココログ・オリジナル・テーマ

だいぶ直ってはきましたが、まだおかしいところがありますね。

1)タイトルをクリックしても、更新されません。ただredrawしてるだけで、データ読み直してない感じです。あるいは中央のカラムはredrawさえしていないかも?

2)左カラムの最新のコメントをクリックして開くと、ガタガタになる時があります。左カラムの下に記事やコメントが表示され、しかも「竹」の場合、濃緑のバックに黒字で書かれるため、読めません。

すべてのコメントで発生しないんですけど、古いデータで再現性があるのかも?

《2006/4/3追記》

2)に関しては直ったようです。

1)はまだおかしい。記事を更新した後タイトルをクリックしても、更新内容が反映されません。カテゴリやコメントの表示からタイトルをクリックすると正しく表示が変わるので、urlが同じだと再表示しないロジックになっている感じ。

これを仕様といえるのかどうか・・。少なくとも3/28以前とは操作性が違います。

《2006/4/3追記その2》

先の追記から3時間ほどですが(1)も直ったようです。迅速な対応ですね。びっくり(@_@

| | コメント (0) | トラックバック (0)

犬に喰われたゾーナル系ゼラ

チワワとはいえ、犬による食害も我が家では深刻。なにしろヨトウムシが一晩かけて食べる量を一瞬で持っていくので、バイラスの次くらいに恐ろしい。

ゾーナル系ゼラニウムって臭いので、まさか食べないだろうと油断してました(+д+)

まったくもう=3

Gerapzonale01
問題のゼラ。よりによって一番形が良くて斑が乗っている株を
・゚・(つД`)・゚・

Gerapzonale02
証拠写真。こんな感じで2枚葉っぱがなくなってますorz

Gerapmomiji01
もみじ葉もやられました。右の葉っぱ、犬の歯型がついてます(TДT)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »