« Haworthia pygmaea | トップページ | イワヒバとフデリンドウ »

2006/05/11

半野生の多肉

Semmakiginu06
今日町を歩いていて見かけました。民家の門柱の上に置かれた巻絹。今は誰も住んでいない家のようですが、居心地よさそうですね。やっぱセンペル強いなあ。

Aloearborescens01_1
こちらは三重県を旅行した時の写真。3月11日の早朝でした。鉢植えですが、ほったらかしの様相。冬場屋外に放置したら、キダチアロエといえども即死するでしょう、私の住んでいるところでは。

|

« Haworthia pygmaea | トップページ | イワヒバとフデリンドウ »

コメント

苔と巻絹はどれだけの時間そこにいるのでしょうか。。
このごろは古いお家があると思っていたら
あっという間に取り壊されてマンションになっていたりします。
いつまでもそこにいられますように。。

大阪の実家では、アロエがジャングルみたいに伸びて花を咲かせていました。
よくある光景だと思っていましたが、寒いところでは育たないんですか。。

(↓の「わ~い×2」を毎日見てしまいます。カワイイですね。。)

投稿: caerulea | 2006/05/12 22:09

私のところの巻絹は、もうけっこう開いて盛んに子を吹いているんですけど、写真のはまだまんまるですね。成長は遅いだろうと思いますが、健康そうです。

キダチアロエって、アロエの中で特に丈夫というわけでもなくて、もっと寒さに強い種もあります。

わーいの王妃錦司晃は1日5mmくらいずつ手を伸ばしてます(^^

投稿: MUGIXOR | 2006/05/13 00:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65616/10025789

この記事へのトラックバック一覧です: 半野生の多肉:

« Haworthia pygmaea | トップページ | イワヒバとフデリンドウ »