« 雨ニ煙ル | トップページ | 日の丸アロエ »

2006/11/22

プテロスティリスとブルンスヴィギア

久しぶりに植物の写真をUP。今年も順調に植物が増えて、どうやって冬を越そうか思案に暮れているところです。本当にもう飽和状態なんだなあ、と今更ながら・・。

Ptstingens03
Pterostylis ingens

オーストラリア原産のランで、夏に地上部を枯らして休眠。秋から春にかけて成長します。今が花期。今年は4つまとまって咲きました。去年はばらばらに2つ咲いたんだったっけな・・。去年の写真はこちら

日の当たる方向に葉は向くのに、花は背を向けて口を開くんでしょうか?

Ptstingens04
反対から撮ってみました。百鬼夜行てな感じ。

Brunsvigianam01
Brunsvigia namaquana

「特長毛ナマクアナ」というラベルがついていましたが、特にどれくらい毛が長いのかは不明。普通のナマクアナを持っていないので、比較できません。

今年の春、通販で買ったもの。けっこう高かったのに、着いた球根は休眠中の貧弱なカキコ。小さなラッキョウのように白くて根もなく、心配しました。半年経ってようやく発芽。冬型だったのか・・(´- `;)

まあ名前を見れば、南半球(つーか、南アフリカのナマクアランド)原産らしいというのは想像つきますけれども。

育て方がよく分からないので、夏場あまり暑くならないこところに置いて、2週間に1度くらい水をやっていました。完全断水すべきだったのかな、もしかして。

ユリ科の葉っぱのようにも見えますけれども、ヒガンバナ科。ブルンスヴィギア<ブルンスビギア<ブランスビギアの順でヒットしやすいようですね。

花が咲くのはずっと先のことになりそうな予感もしますが、まあ気長に待ちます。

|

« 雨ニ煙ル | トップページ | 日の丸アロエ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65616/12787920

この記事へのトラックバック一覧です: プテロスティリスとブルンスヴィギア:

» 移転しました:再スタートの海外ホテル批評 [海外ホテル予約情報とホテル批評]
ブログ管理人の勝手なホテル批評です。サイト移転しました。一度お立ち寄りください。 [続きを読む]

受信: 2006/11/24 16:16

« 雨ニ煙ル | トップページ | 日の丸アロエ »