« ペンEE-2など | トップページ | VL2でのテスト撮影 »

2006/12/04

CANON VL2

Canonvl2a
今日はキヤノンの話。キャノンではなくキヤノン。

Canonvl2b
父がニコンのF2を買う前に使っていたカメラがこれ。これより前のカメラも2,3あるが、蛇腹が付いているので触るのが怖い(^^;

カチッとした作りで、質実剛健な印象。当然ながらデザインには人間工学など全く意識されていないが、手が自然とカメラに馴染んでゆく。機能もシンプルで、分かりやすく使いやすい。持っただけで指先から幸福が伝わってくる。レンジファインダーというのも懐かしい。

あ、でもこれ、露出計が付いてないね。

Canonvl2c
「Canon」と書いてあるきりで製品名がないので、キヤノンのカメラ館で調べてみた。が、昭和31年に発売されたVTから、L2、VT Deluxe、L1、L3、VL、VL2、VIT、VILと来て、昭和34年のPまでの10機種が同じような筐体なので、判別が難しい。

メーカーロゴが上にあり、シャッタースピードが1/500秒まで、フラッシュシンクロがレバー切り替えになっているので、VL2、なんだろうか・・。

Canonvl2d
レンズフードを装着してみた。レンズは50mm/f:1.8 が付いている。ねじ式マウントで、交換も可能。フードには35mm/f2.8とも書いてあるが、何種類くらいのレンズがあるのだろう。

カメラ館には発売時価格69,000円とある。父は昭和33年に購入したらしいが、当時月給は5,000円くらいだったそうだ。てことは1年働いても60,000円!?よく買ったなあ(^^;

今そんな無謀な買い物をするとブルーシートな生活に陥りそうだが、当時は世も人も豊かでやさしかったのだろうか・・。

よほど大切に使っていたと見えて、新品同様だ。まあ当時の貨幣価値を鑑みれば、D2Xや1DsMk2が何台も買える値段だからなあ。それにしても、レンズにもカビや曇りはもちろん、塵1つないのには驚いた。

Canonvl2e
うちにはCANONのカメラがあまりなくて、この2台だけ。

しかもA540はどうも色が気に入らず、携帯性を重視したい場合以外はあまり使っていない。画素数に対して撮像素子が小さすぎるからなのか、無限遠で中遠景を撮ると、輪郭がぼんやりするし。

でも、VL2の露出計の代用としては丁度いいかも。半世紀を隔てて先達が作ったカメラのアシスタントをすることになるとはね。

ちなみに一番上の写真は、VL2のレンズキャップ。

|

« ペンEE-2など | トップページ | VL2でのテスト撮影 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65616/12925568

この記事へのトラックバック一覧です: CANON VL2:

« ペンEE-2など | トップページ | VL2でのテスト撮影 »