« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007/01/28

最近買ったジャズ

Jazzcd20070128
この1週間で買ったジャズのCD、9枚。ロックやポップス、フォークロアなども買うんですが、ジャズに比べれば1/10程度。ジャズは整理していて「あ、こんなの持ってたんだ」と思うようなのが最近ちらほら・・。

枚数が増えてきたので、備忘録も兼ねて記録していこうかと思ってます。既に持っているのに買ってしまったりといったような事故を起こさないためにもね(^^;

とりあえずblogに書いていって、そのうちデータベース化しようかな。

====

【GIL MELLE / PATTERNS IN JAZZ 】
BLUE NOTE 1517 TOCJ-6548 / MONO
1956年4月1日録音

いいな、これ。買ってよかった。バリサクとトロンボーンという低音2管が体の奥まで響き渡る。リズムはgとbとdsのトリオ。知的で端正な演奏です。

ギル・メレといえば、アルフレッド・ライオンとルディ・ヴァン・ゲルダーを引き合わせたり、ジャケットのデザインを手がけたりと、音楽以外のところでも活躍した人。

リード・マイルスのジャケットもすばらしい。

【PAUL DESMOND / TAKE TEN 】
RCA VICTOR 09026 68690-2 / STEREO
1963年

あれ、記録つけるのもけっこう大変かも・・、とすでに2枚目で挫折の予感(ーー;

ポール・デズモンドといえば「TAKE FIVE」。あんまり流行ったもんだから、それがかえってマイナスイメージとなって、今まで聴かずにいました。こちらは5拍子ではなく10拍子ですが、いいですね。asワンホーンで、後はgとbとdsの3人。

今回なんだかピアノでなくてギターが入っているのが多い。

【TOMMY FLANAGAN / OVER SEAS 】
PRESTIGE 7134 OJCCD-1033-2 / STEREO
1957年8月15日

かつては「幻の…」が付いたそうですが、CD化されたので手に入りやすくなりました。

「OVER」とだけ書かれたタイトルと「C」が羅列するジャケットを見て、一瞬ためらいましたが、ああなるほど。なぞかけだったのね。

【TINA BROOKS / TRUE BLUE 】
BLUE NOTE 4041 TOCJ-6419 / STEREO
1960年6月25日録音

これもジャケットがすばらしい。もっとも好きなジャケットの1つ。

フレディ・ハバードのtpもいいです。

====

まだ写真のCDの半分も紹介していませんが、疲れたので中断(^^;)気が向いたらまた再開します。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/01/21

Magic Match

やばい、ハマってしまった>マジック・マッチ(ーー;

http://games.msn.co.jp/deluxe.aspx?code=110524983&refid=14

単純なパズルゲームですが、DIABLOやバルゲーを思わせる画面デザインを見た時点でやる気満々だった(^^;)トライアル版をDLしてプレイを始め、ふと気が付いたら5時間orz

オンラインでも遊べますが、画面が小さすぎなので、DLしたほうが楽しめます。1,788円かあ。買っちゃおうかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/20

火葬または焼却

Daruma02_1
達磨様、一年間の、寿命を終えて。

こないだの日曜日の早朝にどんど焼きという行事がありまして、青白い寒さの中、撮ってきました。それにつけても炎の赤が愛しかった。

マジック・ザ・ギャザリング(MtG)というカードゲームがありまして、以前ハマっていたことがあります。英語の勉強にもなるかと思って英語版でやっていたのですが、その中の"Incinerate"というカードについて。

日本語版では「火葬」と訳されていたので、そのまま鵜呑みに覚え、あるときオーストラリア人と話していて使ったことがあります。そしたら"incinerate"はゴミを焼いたりするときに使うのであって、人を焼くときに用いるのは不適当だとたしなめられました。

ちなみに火葬は"cremation"。やはりゲームはゲーム、信頼の置けるテキストではないのだなと、痛感した出来事でした。

↑写真をクリックするとちょっと大きくなります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/19

Aloe haworthioides

Aloehaw10
花盛りなので撮ってみました。

Aloehaw11
これで満開。よい香りです。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007/01/18

E-500で試し撮り

Spanishmoss01
スパニッシュ・モス(Bromeliaceae tillandsia usneoides)

夕方の斜光が差し込む室内でもAUTOで普通に撮れたあ(≧∀≦)ノ

つか、普通に撮れて喜んでるのもナンですがA(^^:)E-300でこのシチュエーションをAUTOってのはありえなかったからなあ。

↓クリックするとちょっと大きくなります
Hina05_3   
こちらは色味が見た目以上に青く傾いたので、5300Kに固定して撮影。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Aloe descoingsii ssp. augustina

Aloedescoingsii01
アロエ属最小といわれるディスコイングシーの中でも、特に小型なアウグスティナ。

Aloedescoingsii02b_1 
極小でございます。そんなに花茎伸ばして大丈夫なのかと心配になるくらい・・。

E-500+ZD35mmF3.5で撮ってみました。色味という点では、E-300よりE-500のほうがナチュラルで、偏った色かぶりなどもなく、草花には向いているかも。背面液晶もナチュラルな絵で、しかも大きいのがヨイ。

小さなファインダーがさらに小さくなったと叩かれたりもしていましたが、私にはピンの山が見えます。ただしE-300より手ブレしやすいようで、手持ちで被写界の浅いマクロはちと辛い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/01/17

Olympus E-500

E500_01_2 
買っちゃいました(^^;

M(マニュアル)モードで撮影する限り、E-300とあまり変わらないかな、とも思いましたが・・。まあ安くなってきたし、国内で発売される最後のコダックCCD搭載機になるかもしれないので。

E-300に比べ、だいぶ賢くなってます。AWBもAEも、時には任せてみようかなというくらいに。なんといっても格段に進歩したと感じるのは、背面LCD。大きくなったのもさることながら、E-300では実写と異なる妙な色かぶりがあって、正直確認するのがしんどかった┐(´д`)┌

発売時、最小最軽量がウリだったように記憶しています。が、グリップはE-300と同じか、むしろ若干大きく見える。厚みも変わらない。ペンタがないE-300のほうがバックの出し入れなどしやすくて、収まりもよい。E-300のほうが幅はありますが、適度に重いので持ちやすく手ぶれもしにくい感じ。軽量といってもレンズつけたときのバランスもあるし、本体だけあまり軽くするのもどうかな、と思います。使い慣れているせいか、E-300のほうが手に馴染みます。

肝心の画質については、E-300と少し異なるような印象もあります。同じ条件で取り比べたわけでないのですが、なんとなく。よりナチュラルで無難な色味になったような。色飽和もしにくくなったかな。でも、オリンパスブルーはE-300のほうが乗りやすいかも・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/08

大雪後

↓クリックするとちょっと大きくなります
Snow200701
たくさん降りましたねえ。ずっと暖かだったのに、いきなりドカンと来ました。

XCスキーでも履いて散歩行ってこようかな(^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »