2007/03/04

Gasteria caespitosa

Gas_caespitosa01
和名を虎鉾といいます。

2年ほど前にいただいたもの。抜き苗でもらってきて植えたものの、最初のうち調子を崩す一方でした。そのまま放置すると枯れそうだったので、3ヶ月ほど経った真夏のある日、意を決して抜いてみたところ、根はほとんどダメになっていました。植え替えて今は復活しましたが、用土が合わなかったのかな・・。

この時期、蝦夷砂細粒(小粒だったかも)を軽石や赤玉の代わりに使っていたのですが、これをたくさん混ぜ込んだ用土で植えた多肉は、どれも調子を崩しました。比重のとても軽い土で、根が活着または発根しにくかったのかも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/24

Aloe calcairophila

Aloecalcairophila01
Aloe calcairophila

清楚で可憐なお花です(*^^*)白花なんですよ~。

Aloecalcairophila02
葉っぱはけっこうゴツイんですけどね。

2年前の2月11日、温室のヒーターのスイッチを入れ忘れ、中にあった温室の植物の7~8割を昇天させてしまいました。大株に育てていたカルカイロフィラも逝ってしまい、悲嘆に暮れたものです(TT

これはその年の春に買いなおしたもの。なので、もう少しで2年経ちます。小さな苗から始め、仔が2つほど吹いてきたところ。以前と同じくらいにするには、更に2年くらいはかかりそうですが、とりあえず花が咲いてくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/20

ハカラメの花

Hakarame01
Crassulaceae kalanchoe pinnata

セイロン弁慶草とも呼ばれます。ハカラメというのは葉から芽が出るから。カランコエの仲間には、他にも葉から芽が出るものがありますが。

↑写真をクリックするとちょっと大きくなります

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/01/19

Aloe haworthioides

Aloehaw10
花盛りなので撮ってみました。

Aloehaw11
これで満開。よい香りです。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007/01/18

Aloe descoingsii ssp. augustina

Aloedescoingsii01
アロエ属最小といわれるディスコイングシーの中でも、特に小型なアウグスティナ。

Aloedescoingsii02b_1 
極小でございます。そんなに花茎伸ばして大丈夫なのかと心配になるくらい・・。

E-500+ZD35mmF3.5で撮ってみました。色味という点では、E-300よりE-500のほうがナチュラルで、偏った色かぶりなどもなく、草花には向いているかも。背面液晶もナチュラルな絵で、しかも大きいのがヨイ。

小さなファインダーがさらに小さくなったと叩かれたりもしていましたが、私にはピンの山が見えます。ただしE-300より手ブレしやすいようで、手持ちで被写界の浅いマクロはちと辛い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/11/26

普通のハオルチオイデス

Aloehaw07
Aloe haworthioides

↓の長毛ハオルチオイデスとの比較のため、普通のも載せておきます。こちらは何年も前からうちにあるやつ。

Aloehaw08
葉っぱはこちらのほうが細長い。こちらは大株なので比較しにくい面もありますが、毛の長さは同じくらいだな、どう見ても。

Aloehaw09
この株の花は何度も見てきているのですが、芳香に気付いたことはなかったな。咲いたら確認してみます。

↓のハオルチオイデスはvar.またはhyb.な雰囲気もあります。毛が長いからではなくて、葉の形状の違いから。まあサイズがかなり違うので、はっきりとは分かりません。大きくなると同じになるかもしれないし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長毛ハオルチオイデス?

Aloehawchoumou01
Aloe haworthioides

今年の春だったか去年の春だったか記憶が曖昧ですが、「長毛ハオルチオイデス」という名が付いていたので買ってみました。

Aloehawchoumou02
どこが長毛なんだか・・A(^^;

今年の春買ったとしても、もう半年くらいは眺めているわけですが、まあ、普通ですよね。葉っぱ自体はむしろ太短い感じ。

Aloehawchoumou03
花も普通だな。

ただ、この花は芳香がありますね。普通のも芳香があったっけなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/25

白蝶

Hawfasciata01
Haworthia fasciata

十二ノ巻の白斑で、白蝶と呼ばれます。

最初がボロボロだと、あとは良くなっていくをの眺めているばかりなので楽しいですね。

これも初期状態はかなりひどくて、葉先がかなり枯れこんでいました。だいぶ下のほうに回りこんで、子株もたくさん生えてきたので、目立たなくなってきましたが・・。根がしっかりしていたのは幸いでした。

====

過去に投稿した写真を眺めていたら、思ったより種類が少ないのにびっくり。かと思えば、同種同個体を何度も投稿したり・・。テキトーにやってると偏りが出ますね、やっぱ。

というわけで、今までUPしていなかった白蝶を撮ってみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/24

多毛眉刷毛万年青

Haemanalbipube01
Haemanthus albiflos pubescens

毛の多いマユハケオモト。普通のマユハケオモトと同じところに置いてあるのに、こちらは若干葉や花茎が長い感じ。こういうものなのか、あるいは、もっと陽光を好むのか・・。

Haemanalbipube02
葉の縁と裏、花茎に毛が多いんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

匍匐するガガイモ

Asctridenteapeculiaris05
Tridentea peculiaris

昨年10月11日の姿がコレ。なので、1年と1ヶ月くらいでこんなに伸びました。トホホ(´・ω・`)

植え替えると大変な面積になりそうなので見ないふりをしていましたが、さすがに何とかしないとなあ・・。

Asctridenteapeculiaris06
匍匐するにも規則性があるのが分かりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧