2006/10/29

E-300で秋の空と紅葉

Sky09
今日はE-300を持って山歩き。紅葉は終わりかけていましたが、楽しめました。

嘘っぽい空色はいじった所為でもあります。レンズはZD14-54mmF2.8-3.5を使用。

オリンパスのDSLR独特の青は、以前は撮像素子のメーカーにちなみ、コダック・ブルーと呼ばれていました。最近になって、撮像素子ではなく画像処理に手柄があるのだというような操作というか誘導のようなものがありまして、オリンパス・ブルーと呼ばれたりもしています。

でもレンズにもよるんですよね。特にこのZD14-54mmF2.8-3.5は、良くも悪くもナチュラルな絵になりやすい感じ。ただしこのレンズ、万能選手なので、デフォルトで着けてます。

Buna03
広葉樹ではなんといってもブナが目立ちました。

Kouyou01
カエデの類も多かった。特にハウチワカエデとコハウチワカエデとヒナウチワカエデ。あとコミネカエデとか。全体の印象としては黄色い紅葉(黄葉?)の山でしたね。

全山紅葉していて、ワイ端28mmで不足を感じるような風景でした。11-22mm欲しいなあ、やっぱ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/06

山歩き::モブログ

山歩き::モブログ

よいお天気(^o^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/05

山歩き::モブログ

山歩き::モブログ

気持ちいいなあ(´∀`)

==

帰宅してから追記。G'zOneで撮影投稿したのですが、けっこういい感じで撮れますね。問題はパケ代。winじゃないからなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/07/31

コバイケイソウ(とクジャクチョウ)

kobaikeisou01
コバイケイソウ(ユリ科シュロソウ属)

7/21の駒ケ岳登山の途中で撮影。ちょうどコバイケイソウ(小梅蕙草)の盛りでした。緑花のバイケイソウもこの近くで撮影したもの。

kobaikeisou02
クジャクチョウ(タテハチョウ科クジャクチョウ属)

クジャクチョウ(孔雀蝶)がたくさんコバイケイソウにくっついてました。

学名は'Nymphalidae inachus io geisha'。芸者の名を持つ、クジャクチョウの日本亜種。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/07/25

駒で見た黄色い花々

7/21に登った駒ケ岳に咲いていた花々。うまく撮れていて著しく希少でないものの中から、黄花を紹介。

それにしても今年は高山植物も当たり年なんでしょうか。同時期に白馬や八方に登っていた知人たちの話を聞いても「アタリ」だったらしい。

sinanokinbai01
シナノキンバイ(キンポウゲ科)

miyamakinpouge01
ミヤマキンポウゲ(キンポウゲ科)

miyamakinbai01
ミヤマキンバイ(バラ科)

miyamadaikon01
ミヤマダイコンソウ(バラ科)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/21

駒ケ岳登山

上松Aコースからの登山。滑川のゲート⇔敬神の滝⇔金懸小屋⇔夏道⇔玉の窪⇔山頂を往復。

日帰りだったので、上り6時間、下り4時間半、山頂やお花畑での休憩1時間、計11時間半の強行軍でした。AM7:30に歩き始めてPM7に車に戻りました。樹林帯を越えたら暑くて、軽度の熱中症にかかり、めまいに悩まされました。水もなくなって、最後の2時間くらいはホントに辛かった・・ora

komagatake01
左は木曽前岳、右は麦草岳。中央に霞んで見えるのは御岳山。今日は好天だったんですけど、割と近い御岳もこんなに朧。

左下は玉の窪小屋。屋根一杯に布団を干してました。

komagatake02
木曽山脈(中央アルプス)の最高峰、駒ケ岳山頂(2956m)から見た南側。一番左が宝剣岳、一番右が三ノ沢岳。その間に主脈が連なっています。

komagatake03
長野県警のヘリが宝剣をぐるぐる回っていたので、滑落かと思いましたが、数分で飛び去りました。かなり縮小したので見難いかもしれませんが、ヘリの直下に登山者が2人います。1人は白い服、1人は茶色の服を着ているんですが、びっくりしたでしょうね。

komagatake04
と思っていたら、玉の窪でビールを飲んでいた私達の頭上をかすめて乗鞍岳の方へ飛んで行きました。

追記: 夏道のお花畑から山頂にかけての花はすばらしかった。たくさん撮ったので紹介しきれないでしょうけど、後日、少しだけ掲載します。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/06/14

焼岳の植物(高山編)

一昨日の焼岳山行の植物編その2。

「同じ植物好きでも、山を歩く姿は2種類に分類できる」と言ったのは近所の森林インストラクター。木本が好きな人は上を向いて歩き、草本が好きな人は下を向いて歩くのだとか。その人は上を向いて歩く派、私などは言われてみれば下ばかり見て歩いている。

焼岳山行の際も、同行の2人は「こんなところで下向いて歩いていてもお金落ちてないよ」なんて無粋なことを言う。でも1円拾いました。樹林が終わり、空が広くなる辺りで(^^)v

iwakagami01
イワカガミ(イワウメ科イワカガミ属)

焼岳で植物を楽しむなら、ツガやモミやダケカンバなどの大樹が立ち並ぶ森林の中がいいですね。森林限界の辺りでは笹が茂り、山頂近くはガレ場で、イタドリとイワカガミばかりが目に付きます。

イワカガミは丁度花盛り。すごくたくさん咲いてました。多くは高さ5cm前後、花数も5輪以内と、コイワカガミのようでもあります。ただ、写真は高さ10cmくらいで花数も多く、イワカガミに見えます。正確なところ、どう見分けるのかよく分からないのですが・・。

iwanasi01
イワナシ(ツツジ科イワナシ属)

イワカガミほどではありませんが、ところどころで見かけました。森林限界付近の笹薮の下などでひっそり、というか、よく見ればけっこうな勢いで咲いています。

goyoumatu01
焼岳にはハイマツがまったく見当たりませんでした。その代わり松が、ところどころにぽつねんとうずくまっている。葉数はハイマツと同じ五葉なんですけど・・。

ちなみに後ろの山は笠ヶ岳です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/13

焼岳の植物(亜高山編)

昨日の焼岳山行の植物編。

3人で行ったんですが、他の2人は全く植物に興味のない人たち。

私  「あ、ホトトギスがありますよ」
2人 「へー」
私  「マイヅルソウがたくさんありますね」
2人 「ふーん」
私  「ぉぉ、エンレイソウが咲いてますよ~」
2人 「(少し離れたところから)よく見つけますね~」
私  「あああ、ランだ、これランですよ!!」
2人 「(遠くから)・・・」

会話と言えばだいたいこんな感じ。かみ合わないので2人には先に行ってもらい、私は末尾で植物を探したり写真を撮ったりして登りました。2人ともあまり速くないので、離れてもすぐに追いつきましたが・・。2人は8月にモンブラン登頂に挑むのですが、あのスピードで大丈夫なのかな・・。

maiduru01
マイヅルソウ(ユリ科マイヅルソウ属)

ユリ科は多かった。ただ登山道を歩くだけでも10種類くらい楽しめます。中でもマイヅルソウは非常に多く、あちらこちらで大群落を作っていました。花には若干早かった感じですが・・。

enrei01
シロバナエンレイソウ(ユリ科エンレイソウ属)

開花していたユリ科は他に、ユキザサ、アマドコロ系2~3種、タケシマランなど。

gozentatibana01
ゴゼンタチバナ(ミズキ科ゴゼンタチバナ属)

4枚の(花弁ではなく)苞は本来白く大きく広がるのですが、まだ開花途中です。この時期、ユリ科のツクバネソウに似ていますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/12

焼岳登山

今日は焼岳(2455m)登山。昨夜一睡もせずに午前7時半から午後4時半まで歩き、もうへとへとです。

夜が明ける頃、次第に晴れてきました。雨に濡れての辛い山行を覚悟していたので、なによりの吉兆。中の湯登山口に車を置いて登頂、上高地に下山してタクシーで中の湯登山口まで戻るルートでしたが、終日とてもよい天気でした。初めて焼岳に登ったのですが、頂上からの景色は最高ですね。

yakedake01
穂高連峰と梓川です。奥穂山頂で感じるジレンマは、穂高が見えないこと。焼岳からはすばらしい穂高を望むことができます。

yakedake02
裏銀座の峰峰。槍も見えます。

yakedake03
焼岳南峰と乗鞍岳。実は焼岳南峰が2455mで最高峰ですが、立ち入り禁止。私が立っているのは焼岳北峰で2393mです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/05/08

山歩き その2

今度は横写真でまとめてみました。

hike2005-05-08d
◆西洋タンポポ。山奥に分け入っても、日本タンポポを見つけるのが難しくなってきました。

hike2005-05-08e
◆フイリフモトスミレ。花弁の上に何か載ってますね。マクロが強力すぎて、ときどき肉眼では気付かなかったものが写り込んでいたりします。そして後から自宅のPCで発見してガッカリしたり・・。

直径5mm程度の花は、スミレの中でも、とても小さい。

hike2005-05-08f
◆ハシリドコロの群生。こんなコロニーがいたるところにありました。

そういえば先日のMSNのニュースに、バイケイソウ(またはコバイケイソウ)を食べて中毒死する事故があったと書かれていました。場所も近くて、ここから車で1時間半ほどのところです。ウルイバ(オオバギボシ、オオバギボウシ)と間違えたんでしょうか・・。同じユリ科とはいえ、花を見れば全く違うのですが・・。やはり芽吹き時は怖い。

hike2005-05-08g
◆10本近い山桜の大樹があり、どれも今が盛りとばかりに咲き誇っていました。ほとんど訪れる人もいない深山の森で、豁然として咲く山桜には心打たれます。

里で問題になっている天狗巣病もここまで来れば心配ないようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧