2006/04/22

Olympus ZD 14-54mm F2.8-3.5

念願のZD14-54が届いたので、試し撮りをしてみました。初めての竹レンズ(^_^*

Semroyanum01
Sem. tectorum cv. 'Royanum' (?)

直径8cmくらいです。

Aristocrat02
Hosta 'Aristocrat'

芽吹きなので緑色が強いですが、次第に青くなります。

Hanaume01
ご近所の庭に咲いていました。花梅だと思いますが、品種は分かりません。

やっぱ換算28mmでF2.8、換算108mmでもF3.5というのは、明るいなあと思います。14-45は換算90mmでF5.6まで落ちましたからねえ。そりゃF値固定だとうれしいですが、高価な上に大きくなるでしょうから。14-54は14-45とほとんど大きさが一緒というのもありがたい。

背面液晶で確認する限りどうも色乗りが悪いようで、今までの梅レンズと比べ違和感を感じましたが、帰ってPCで見たらいい感じ。

Tachitubosumire01
タチツボスミレのような小さな花も、このサイズで撮れます。換算28mmから108mmの全域でそこそこ寄れるというのは、私にとってはとてもありがたい。

==

総評:すばらしいレンズ。高いだけのことはあります。これと3535は傑作だと思いますね、個人的には。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/20

園芸、昨日の作業、今日の作業

私は寒いのが苦手で、冬が来ると全般に活動が鈍くなり、半ば冬眠状態に入るのですが、園芸も同様。冬に手のかからない植物ばかりではありますが、ほとんどほったらかしです。

春の気配が感じられる3月は大好きな季節。陽気に促されるように、この数日、園芸にいそしむようになりました。

uekae03
昨日の作業。コバギボウシの植え替え。このほかにもう1箱、発泡スチロールに入ってます。全部植え替えるのに2時間掛かりました。

右下はダイモンジソウ。近所の山野草店は、ギボウシを買うと3割くらいの確立でダイモンジソウの種がついてくるような。ギボウシの脇から発芽した苗をまとめてみました。

それにしてもダイモンジソウは種から発芽して1年で咲くのがうれしい。それに比べてクンシランときたら・・。

uekae04
今日の作業。タイリントキソウ‘六甲’の植え替え。もうガンガン発芽していて気を使いました。もう少し早く植え替えればよかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/08/13

コバギボウシ

050813_1014001.jpg
野に咲くコバギボウシ。しまった、今日もデジカメ不携帯(泣

kobagibosi01
コバギボウシ(ユリ科ギボウシ属)

カメラを持って行って再度撮影。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/05

ホスタ ‘ゴールデンセプター’

goldenscepter03
小葉ギボウシ ‘ゴールデンセプター’ (Hosta 'Golden Scepter')

葉が暗くなってしまいましたが、もっと明るいライムグリーンをしています。薄く柔らかい葉です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/02

アツバギボウシ

atuba01
小葉ギボウシ‘厚葉ギボウシ’

「バブルの頃は高かったんだよ~」と山野草店のおじさんは言っていた。

雑草が周りに生えてきたんですが、ダイモンジソウのようなので抜かずに育ててます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/31

オオバギボウシ

oobagibosi01
オオバギボウシ(ユリ科ギボウシ属)

野山に生えているギボウシ。これはオオバです。コバの花は青っぽい。漢字を当てると大葉擬宝珠。花期の短さは原種も園芸種も同じ。1つの花は1日で萎みます。

私の地方では春の新葉が展開する時期に食べたりするのですが、今春、有毒のバイケイソウを誤食して亡くなるという事故が近くでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/29

中葉ギボウシ2種

june01
ジューン(Hosta 'June')

中葉ギボウシの系統。葉の大きさはオオバとコバの中間くらいですが、花はオオバに似ています。

aristocrat01
アリストクラット(Hosta 'Aristocrat')

ちょうどジューンと反対のような葉の模様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/11

ホスタ‘青海’

seikai01.jpg
小葉ギボウシ‘セイカイ’

青海の名のとおり、葉が青っぽい。写真ではあまり青っぽく見えませんが・・。細~い覆輪も入ってます。

小葉ギボウシと一口にいっても、青海は葉が厚め。逆に葉が薄いのはカビタンなど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/10

ホスタ‘乙女’

otome02
小葉ギボウシ‘オトメ’

出張している間に咲き始めてしまい、4日も経てばもうこんな感じ。蕾もあれば、萎れて子房が膨らみ始めたものもあり、丁度花開いているものもあります。

山野草の世界では小さなものを「オトメ」と呼び、極小のものを「ヤクシマ」と呼ぶ習慣があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/29

ホスタ‘金牡丹’


小葉ギボウシ‘金牡丹’

ギボウシは花期が短く、年1回、1日程度。下から上へと咲きあがって行く間、1週間~10日ほどは楽しめるんですけど。

次から次へと花が開いて、花がら摘みに追われるのも大変なのですが、さすがにややあっさりしすぎな気もします。

写真も咲いたらすぐ撮るべし。明日にしよう、なんて考えてると、来年になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧